映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

映画

金子大地くんの美声に気づく、映画「家族のはなし」

映画「家族のはなし」を観ました。今や芸人というよりも、パラパラ漫画家と言った方が早い、鉄拳原作の感動ストーリー。



三年ぶりに、東京から長野の田舎町に帰って来た拓也(岡田将生)。
陸上で華やかな人生を歩むはずだったが怪我により挫折。リンゴ農園を営む両親からのプレッシャーを感じていた拓也にとって田舎は煩わしい場所でしかない。
東京に出たかった拓也は農大を受験することで親からの援助を勝ち取るが、実は勝手に退学届を出し、ミュージシャンとしてプロデビューを果たしていた。
が現実は鳴かず飛ばずの崖っぷち。焦っている拓也にはさらに田舎は面白味のない、退屈な町に映る。

正直、想定外のことは起こらない映画でした。
 分裂したバンドがあんなに和やかに別れることはないだろうし、ご都合主義の展開は少々辛かった。

ただ、田舎を馬鹿にし、農園や両親に反発する、どうしようもない息子はリアリティがあって岡田将生さん好演。
そして拓也のバンド仲間、金子大地くんの歌が上手で(本人歌唱かは不明ですが)、ファンにはたまらないと思う。

何1つ夢を叶えられなかった子が東京に出てやっと打ち込めるものを見つけた。これであんな退屈な農園を継がなくても済む。そう思ったのに現実はそこまでうまくなくて・・・という話です。

原作だからでしょうが、タイトルバックに流れる鉄拳のパラパラ漫画。あれを見ればストーリーは大体分かっちゃいます。
劇中でもパラパラ漫画がちょいちょい登場して話を進めてくれていました。
パラパラ漫画と実写の融合という点では新しいのかも。

たびたび登場する男の子も、何だか不気味です。あれは拓也の幼い頃?だとしたら・・・どういうこと?

実写の方がリアリティに欠けるということもあるんだなと思う。

---------------------------

noteで不定期にあれこれ発信しています!!

恋について真面目に考察しました。「恋よ、今こそマジメに哲学されよ」
 

日本アカデミー賞、最優秀主演賞作品賞は今の世相を反映する映画「新聞記者」!!

日本アカデミー賞が開催されました。
コロナウィルスの感染拡大により観客がいない場所での開催となったようで、この世相も賞へ少なからず影響を与えたかなと言う結果でした。

作品賞は「新聞記者」。最優秀主演男優賞、女優賞とともに総ナメと言う感じでしたね。

私が観たのは去年の7月。最寄りのミニシアターでしたが、(その時のレビューがこちら↓)



このことは、今のコロナウィルスの情報にも言えることではないのかなと思えます。
溢れかえる情報の何を信じ、そして何を受け取るのか。見たものを何のフィルターも介さずに右に左に流し続けていると、知らぬ間に偽の情報を拡散する片棒を担ぐことになってしまう。

骨太に、現代に起こっている不気味な現象を、緊張感溢れるカメラワークで描き出した本作。

主演は1つ前にレビューした、ドラマ「微笑む人」での好演が光る松坂桃李さん(最優秀主演男優賞おめでとうございます!)
以前から人気俳優でしたが、年齢を重ねた渋みも重なって名実ともに今後も注目です!!!

DVDも発売中。気になるかたはぜひ観てください。
SNSや何気なく眺めているネットニュースを考えるいいチャンスになります。

新聞記者
北村有起哉
2019-10-23








松坂桃李さんと言えば、こちらの作品も刺激的で素敵でした。いろんな顔を持つ稀有な存在かなと思います。
ちょっとエロティックな気分になりたい時に最適。1人家で鑑賞する、そう言う時間が取れる淑女にオススメ。
 


アカデミー賞は参加する俳優のドレスアップした姿を見るのも楽しみの1つ。
YouTubeなどで様子は観られますが、今回こう言う状況だからか黒いドレス・スーツ姿が結構多かったです。
その中でシックで春らしいドレス姿が印象的だったのが、松岡茉優さんでした。
あとは宮沢りえさんの着物姿も艶やかで色気があって素敵だったな。

黒ドレスでは、最優秀助演女優賞を受賞した長澤まさみさんの肩を出したスタイルが美しかった。赤い口紅とのコントラストも素晴らしかったです。

アカデミー賞で英語ではない純然たる韓国映画「パラサイト」が獲ったと言うのも、今回「新聞記者」のシム・ウンギョンさんが最優秀主演女優賞を受賞したのと関係があるのかなと思いました。
 
シム・ウンギョンさんと言えば、現在公開中の「架空OL日記」にも出演しています。こちらでは天真爛漫で日本大好きと言う銀行に勤める韓国人ソヨンちゃん役。いい味出てます!

 


noteでも小説やエッセイ、レビューをUPしています!ぜひフォローお願いします!

 

日常という名の非日常、映画「架空OL日記」

テレビシリーズから「何でこんなにOLの実情がわかるの?????」とバカリズムの脚本にただただ感心と同調しかなかった「架空OL日記」

それが今度は映画になって帰ってきました。

 


この「架空OL日記」は、バカリズムが銀行に勤めるOLになり切って綴ったブログを何と本人主演で映像化したもの。

ドラマでは、同じく銀行に働く同僚たちとのあまりにリアリティある会話と、主人公の私を演じるバカリズムがどこからどうみてもOLにしか見えなくなる不思議が大好きでした。

正直、銀行に働くOLの日常を描くもので全体的にゆるい空気に終始するので、「映画にしてまで観るものなのかな」と思っていました。

ただ・・・観に行って良かった!!!!

今回も「なぜそんなにOLに詳しいのー!」と叫びたくなるような、クスリと笑える会話が満載で(銀行員でなくてもわかる会社員あるあるの嵐)、でもそんな中にもテレビ版にはなかった登場人物との絡みだとか、ストーリーにもちゃんと山場があって、笑ったし、ジーンとしたし、ほっこりした。

ムカつく上司の渾名の付け方も最高。そのセンスたるや、自分も「上司の渾名付け選手権」にエントリーしたくなるほどウズウズしてくるのです。

中でも頼れる私(バカリズム)の先輩、小峰様(臼田あさ美)が本当に好き!そう言えば、昨日レビューした映画にも出ていたなぁ、臼田あさ美さん。スタイル良くて顔が小さくてビューティフォー!
小峰様ダンス、今回も見られます!あれ大好き♬

他の同僚たち、私(バカリズム)の親友マキちゃん(夏帆)は相変わらずストイックだし、先輩の酒井さん(山田真歩)はきっちりしてて頑固だし、サエちゃん(佐藤玲)は天然だし。

なんか「ああ、このメンバーだ。いつものメンバーだ」とワクワクしてきてしまう。
こんなドラマ、なかなかないなぁと思う。

またドラマでも映画でもいいから帰ってきて欲しいな・・・あのゆるーくて、わかるわかる!な会話を永遠に繰り広げて欲しい。

日常って本当に退屈で、繰り返しで、時にはウンザリしてしまうけど、愚痴もいいじゃないか、ダラダラしてもいいじゃないか、頑張ってるよ、いいよ、自分!
そんなふうに思えてきます。

バカリズムのフリップネタ見ているような展開なのですが、さすが脚本家としても実績を積んだだけあって、切れ切れの繋がりだけなようで、ちゃんと感動もさせてくれる。
いい物語でした。

今回初お目見え、厳しい顔を覗かせる女上司である小野寺課長の坂井真紀さん、めちゃくちゃいい味出てましたー。あの印鑑ケース、私はいいと思う!!・・・要らないけど。


いつも読んでいただきありがとうございます!!==========

【お知らせ】
こちらも同僚が寄り集まってのランチタイム。婚活を決意した、バツイチ40の茜さんが奮闘します。
くすりと笑ってちょっと考えちゃう物語になりました。
婚活って、螺旋階段みたい。同じところぐるぐる回っているようで、上がってる?下がってる?

 
 
 
結局、恋って何なんでしょうね?マジメに考えました。

  

  

結局隣の芝は青いのか、映画「美人が婚活してみたら」

「美人が婚活してみたら」を観ました。




美人で安定した仕事についているタカコ(黒川芽衣)は不倫を繰り返したせいで32歳になった今、虚しさを抱えていた。
愚痴をこぼす親友ケイコ(臼田あさ美)は既婚者。一緒に飲んだ帰り道、タカコはケイコを前に決意する。
「私、結婚する!」
その日からタカコの婚活が始まった。


婚活サイトの反応は上々で、次から次に候補者と会うタカコだけれどそうそううまくはいかない。
ようやく少しはその気にさせてくれそうな男、園木(中村倫也)に会うが、気弱で自己肯定感の低そうな園木に安らぎはあっても男としての魅力は感じない。
医者限定の婚活で出会った矢田部(田中圭)は高収入で余裕もあり男の魅力はあるけれど、連絡もマメじゃなく他の女の影もチラホラ。そもそも結婚する気、ないんじゃない?とタカコの心は揺れ動く。

映画なので、中村倫也と田中圭のキャスティングに「どちらでもオッケーでしょ!」となるのだけれど、要するに「穏やかな夫になりそうだけど男の魅力はゼロの平凡な男」か「稼ぎもあって条件良し、男の魅力ムンムンだけど家庭には収まりそうもないイケイケの男」どちらを選びますか、という話です。あなたは何を望むんですか、とそういう話です。

タカコは結婚なんてすぐできるはず!とタカを括って始めるのだけれど、そもそも結婚したいのかどうかよくわからないうちに婚活の渦に飛び込んでいくのです。

タカコの親友でいつも近くで見てきたケイコはちょっと冷めた目でそれを眺めている。そのケイコは結婚生活に不満ありの現状。

どうせ結婚するつもりなんてないくせに。結婚に向いてないくせに。

いっぽうタカコはタカコで、平凡でのんびりした主婦に簡単に収まったケイコを見て、自分がその気になったらいつでも結婚できると思っている。

いいな、主婦はいいな。気楽に幸せになれて。

ないものねだり、隣の芝は青い、誰にもそれなりに葛藤や悩みはあるけれど、どれも他人事。自分より気楽で恵まれて呑気に見えてしまう。

私だったら、矢田部さんとはバーで飲んでちょっと楽しく会話して、結局園木さんと付き合うだろうなー。ヒリヒリするのは上っ面だけで充分、本能的に安定志向になってしまうと思う。

結婚をすれば全人類が幸せになれるのか、安定するのか。そんなことはないと薄々気付いてはいるけれど、やっぱり世間一般的に認知されるわかりやすい「幸せ」の座を、結婚はまだ明け渡していないと思う。

タカコの決断に納得はいくけれど、吹っ切れたような表情の先には一体何があるのか。
結局また同じループにハマるような気もします。

ラストに向かって、タカコが自分らしさを取り戻すというシーンがあるのだけれど、私個人としては過去の恋愛によって何かが自分に影響を及ぼしていたとしても、それはそれとして受け入れていいんじゃないのかなと思いました。もちろん悪習はダメだけれど、寄り道してきたいろんなことを一切消してしまうことは出来ないだろうし、する必要もないのかなと思います。

不思議な映画で、画面の中にしばしば関係ないのだけれど妙に気になるエキストラがいたりして、それが逆に普通の生活ってこういうものだなと思わされました。自分にだけスポットが当たっているのではなくて、そこここに自分と変わらないような人生が溢れているものだなと。

途中、ケイコがリンゴをかじりながらタカコと話すシーンがあるのだけれど、これは臼田あさ美さんの顔が小さすぎるの?リンゴが大きいの?どっち?

IMG_9906


婚活について、くすりと笑ってちょっと考えちゃう。こんな読み物はいかがでしょう。
婚活って、螺旋階段みたい。同じところぐるぐる回っているようで、上がってる?下がってる?


 
 
結局、恋って何なんでしょうね?マジメに考えました。

 

  

映画「パラサイト」〜ワイドナショーで言われていたこと〜

アカデミー賞作品賞を獲得し、世界に激震を走らせた映画「パラサイト」



今週も先週も、日曜日のワイドショー番組「ワイドナショー」では、映画コメンテーターの有村昆さんを招いてアカデミー賞の解説を放送していました。

アカデミー賞の発表を挟んで二週に渡って取り上げられた話題。
有村昆さんは、これまでの傾向から作品賞は「1917命をかけた伝令」が獲るのではと予想していましたが、残念ながら予想は外れ、そのことを含め、翌週に再び解説者として登場。

そこで松本人志さんが「映画パラサイト」を観た感想として"前半は良かったけど、元家政婦が出てきたあたりからガラッと物語が変わった。元家政婦が訪ねてきても普通玄関を開けるか"と言うことをしきりに不思議がっていました(言った言葉そのままではないのですが)。

翌週でもそのことは重ねて言っていて、"クビにしたダスキンのおばちゃんを部屋にあげるか"と言った比喩も使っていました。

私は観る前にその言葉を聞いてしまったので、聞きたくなかったなと思いつつも鑑賞しましたが、「正直そこまでおかしくない、と言うか理由は説明している」と言うのが正直な感想でした。

========ここからはネタバレを含みますので、観ていない方はご注意ください========

大まかなストーリーは、みんな仕事をなくし進学も就職もままならない貧乏家族4人は、細々と内職でつなぎながら半地下に暮らしていた。そんなある日、息子が友人から頼まれて裕福な家庭の一人娘の家庭教師になった。身分を偽り一家の内情にうまく入り込んだ息子は、次々と我が家族を金持ち一家に引き入れる。

息子は自分の家族だと言わないまま、ヤンチャ盛りの息子の美術家庭教師として妹を、現役運転手をクビにするよう仕向けて父親を、最後には古参の家政婦をも追い出して母親を引き込む。
息子は巧みな話術で次々と計画をものにし、何と無職一家は全て身入りのいい仕事を獲得した。
夢のような生活だ、と留守を預かった家政婦の母親のもとに集結し、豪邸で勝手に祝杯を上げる貧乏一家。

そこへ、やってくるのだ。元家政婦が。

インターホンに映った姿に驚愕する一家。
もともと考えることが苦手な父親は狼狽え、息子にどうするかとすがるが「これは計画にはないことだ」と誰も妙案が浮かばない。

元家政婦がやってきた理由はただ1つ。「金持ち一家も存在を知らない、秘密の地下に旦那を匿っているから」。

突然の解雇で様子を見ることもままならなかった元家政婦は心配で心配で一家の留守をようやく訪れたチャンスと勇んでやって来たのだ。

元家政婦は実は金持ち一家が引っ越す前からその家に仕えていて、金持ち一家すら知らない秘密の地下の存在を唯一知っていた。そこへ借金苦の旦那を取り立てから守るためにやむなく引き入れていたのだ。

旦那の安否を確認したい一心で必死に「忘れ物をした」と嵐の中懇願する元家政婦に、断る理由も思い浮かばず玄関を開けてしまう現家政婦の母親。

すべてが計画外の出来事ゆえ
、一家は対応する術を持っていなかった。

忘れ物を探すと嘘をついて上がり込む様子を陰で伺っていた貧乏一家はやがて驚愕の事実を知らされ、挙句に自分たちが脅される運命に陥ってしまう。

ここから物語は大きく展開します。

自分たちよりも前に、半地下どころか秘密の地下に巣食っていた奴がいた。
存在を消され、ただ家政婦として一家に取り入った妻だけを頼りに息を潜め、金持ちの主を敬いながら些末な日々に命を繋いでいた男。

貧乏一家よりもさらに切実とした存在に愕然とし、混乱した挙句に思いも寄らない行動に出てしまう一家。
そこへ、金持ち一家が予定を繰り上げて突然帰ってくるのだと言う。

この混乱から一気にクライマックスまで。
奪うもの、奪われるもののコントラストが色濃く出てくるのです。

差別という誰の心にでも覚えがあるような、ほんの些細なことを「匂い」という非常に私的で感覚的な表現で、ポン・ジュノ監督は描いてくるのです。
その「匂い」が引き金となり、最後の悲劇が起こる。


もしクビにした家政婦が訪ねて来たら訝って警戒するだろうけれど、この家政婦を家に入れたのは主ではなく現家政婦で、しかも留守中に自分が勝手に家族を引き入れて好き放題している最中。
息子の立てた計画に乗っかっただけで仕事を得られたと単純に喜ぶ両親は、イレギュラーにはとことん弱く、息子自身もたまたまうまくいった計画が身の程知らずだったと後悔するほどにこれまで不運な人生を送っていたのだ。
そこにこの貧乏一家の悲しい綻びが凝縮されている。

そう思うと、単純には「クビにしたダスキンのおばちゃんを忘れ物があるからって家に入れないだろう」とは言えないのかなと個人的には思うのです。映画はこのおかしな行動の理由をちゃんと説明しています。


有村昆さんが、これまでのアカデミー賞を選出する会員はアメリカの白人を贔屓しているなどと揶揄されて来たことを背景に、数年前から会員に幅広い価値観を持つ人種や性別の登用を積極的に行い、それが今回の受賞にもつながったのではと解説していました。
これまでハリウッド映画で評価の高かったのは、比較的結末の予想できる物語(史実、アメコミなど)だったけれど、このオリジナル脚本という点でも観客を魅了した要因があったのではと評価していました。

そういう意味では、アジア映画というのは今後もっと飛躍できる可能性を秘めているのかなと思います。

また日本は国内で評価されれば興行的には成功となるゆえに、韓国のようにマーケットを世界へとはまだまだなりえていない、それが邦画が抜けきれない原因であるということも述べていました。
そうなると、やはり日本でも世界に目を向けた作品が今後作られることを切に願いたいと思うのです。

是枝監督の「万引き家族」も、貧困をテーマにしたオリジナル作品でもありますし、今後こう言った作品が世界へ発信されることを期待したいです! 
ギャラリー
  • デュオのロードムービー、映画「さよならくちびる」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • お別れはこんなにも寂しいのか、「コタキ兄弟と四苦八苦」最終回
  • 苦しみから解放されるために苦しむ、コタキ兄弟と四苦八苦第11話「生苦」
  • 右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」
  • 右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」
  • とにかく惜しい、シロクロパンダ最終回