映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

ドラマ

右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」

先頃、定番の2時間スペシャルで幕を閉じた「相棒」

スクリーンショット 2020-03-19 23.21.30

2時間スペシャルの場合は、重厚で世の中の不条理に切り込んだり、大掛かりな仕掛けを用意していたり、過去の大物が出てきたり・・・と特別臭ぷんぷんする場合が多いのだけれど、今回はかなりライトな仕上がり。

それもこれも、杉下右京(水谷豊)の推理がここ一年ほど冴えていないと心配した冠城(反町隆史)が、元相棒である神戸(及川光博)から「不調の影に花の里の存在あり」との噂を聞きつけたから。

以前も右京の元妻であるたまきが営んでいた「花の里」が、彼女の都合で閉められることになった時、右京の様子がおかしくなった。体調が優れない右京は、いつもと違うこと、あるいはいつもしていたことをやめたからだとの助言に従い、その時ある事件に巻き込まれ再会することになった元犯罪者月本幸子(鈴木杏樹)を花の里の次の女将にと推薦する。

ただこの幸子も、様々な事件に遭遇するたびに心を痛め、ついには女将以外の道を模索することになり、店は再びクローズ。

今回冒頭から、妙な薬を盛られて行方不明になったり、「ボクとしたことが!」のうっかりの時の定番の発言を何度か聞いたとまるでこの半年間を振り返るように冠城が右京の不調を心配する。ただ当の杉下右京はどこ吹く風で、捜査に圧力がかかるような重要事件に勝手に首を突っ込んでいく。

今回は事件の全体像よりは、第二の「花の里」誕生!というのが主だったテーマだったように思えます。

右京が足しげく夕食と酒を楽しむために立ち寄る小料理屋「花の里」。いつもカウンターに座り、相棒と2人で事件について話したり、時には女将さんにヒントをもらったり、右京にとっては意外と大切な場所。

今回初代の益戸育江、二代目の鈴木杏樹に続いて右京の憩いの場を提供する女将となったのは森口瑤子。

スクリーンショット 2020-03-19 23.37.48

今回の事件の鍵を握る人物の1人、官房長官が熱心に指名していた人気の芸者で、引退してから小料理屋「こてまり」を開く、小出茉梨という役柄で登場。
財界の著名人を顧客に持ち、百戦錬磨であの甲斐峰秋(石坂浩二)からも信頼される元芸者。

そんな人が小料理屋を開いて、右京さんたちが事件のことを気安く語れるような静かな店になるとは到底思えないけれど、店の作りも花の里に似ていたし、きっと三代目女将として加入したと見ていいでしょう。
その豊富な人脈と知識が、今後の事件に大きく関わってくるのかも?

事件のストーリーについては、技術の目覚ましい進歩が事件解決を遅らせた「近い未来の犯罪」がテーマ。証拠能力の高い映像の信頼性が揺らぐ、怖い話ではありました。
ただ・・・動機がそれにしてはやや貧弱で、せっかく坂井真紀さんに出演してもらったのに、飄々としたキャラクターと事件の真相との絡み具合がちょっと消化不良。

女は嫉妬するもの、というのも短絡的だったかな。

情報を巧みに出したり隠したりしながら、右京を事件解決へと導く役割だったのが、広報課の社(仲間由紀恵)。ここのところが少し混乱しましたが、一貫した社という人物の深みで片山雛子(木村佳乃)と別の意味で息の長いキャラクターになりつつあります。
彼女も「私としたことが」と堂々と言い放てる自信がある。

いろんな意味で新しさもどんどん取り入れている「相棒」。
次のシーズンも安定の10月スタートになることを祈るばかりです。 


そういえば、ネットなどでは女将の呪い、として歴代女将である益戸育江と鈴木杏樹の受難を挙げ、次の森口瑤子が心配という声も上がっているよう。
本人からしたら「ほっといて」でしょうけれど、そういう意味でも注目の三代目女将デビュー話でした。 

とにかく惜しい、シロクロパンダ最終回

なぜだろう・・・何度見てもタイトルバックはワクワクするし、ストーリーも悪くはない。
なのに、もう少しどうにかならなかったかなという残念な思いが消えない。「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」

スクリーンショット 2020-02-28 17.00.04

父親を亡くし、その真相を探るべくメンタリストとして活躍する医学生直輝(横浜流星)がバディとして選んだのは、心に深い傷を追う負け続きの囲碁棋士川田レン(清野菜名)。
グレーがはびこる世の中に「シロクロつけるヒロイン」として世の中を賑わせるミスパンダは、レンの別人格であり、メンタリストの技術を駆使して直輝が仕立て上げたもの。
やがて直輝の父親の死の真相が明らかになってくるのだが、真実はもっと根深いものだった。
 

途中、直輝と結託しシロクロつけるヒロインをサポートしていた大臣であるミスターコンプライアンス(佐藤二朗)が、実は己の高感度を上げるために娘を誘拐させた自作自演であった、という結論に導きそうになったところからややこのドラマへの情熱が薄れつつあり、横浜流星くん演じる直輝のキャラクターにどうも統一性がない気がしてきて、後半は失速した感が否めませんでした。
父親を慕っていたのはわかるのだけれど、大学生の男子が「パパ・・・」と儚げに呟くシーンがどうもふに落ちなくて、もう少し若い男の子ならばわかるのだけれど、あれはわざとなのだろうか。現実に近いのかもしれないのだけれど、違和感が拭えませんでした。


ただ、最終回に向かうにつれ、本当に惜しい、惜しすぎる!とふつふつと。このテーマでこのセンスであればもっと高度なドラマになったはず、と歯痒い思いがしました。


結局ことの真相は、金持ちでワガママ放題に育てられてきた佐島法務大臣の娘であるあずさ(白石聖)の狂ったような独占欲が引き金であることがわかってきて、このクレイジーさも悪くなかった。
ただ、あんなにワガママな娘が過酷な記者という仕事を選ぶのだろうかという疑問はやや残るし、そんなそぶりがあまりにもなさすぎてもう少し「なるほど!それで・・・」というシーンがあっても良かったような気がしました。

直輝は復讐に燃える中でも、家族を失った悩みを抱えるレンを通し、もう1つの人格(本当の人格とも言う)双子の姉妹リコ(=ミスパンダ)を愛し始めてしまうのです。
このもどかしさ、歯痒さ、これはもう新しいラブストーリーかと思う。

復讐のために利用したはずのリコの快活な勇ましさと行動力、それは親から愛情をもらえなかったリコの理想の姿であるのだけれど、直輝はミスパンダであるリコとの時間を何よりもかけがえのないものに感じ始めていた。

ただし、自分が封じ込めてしまえば二度とリコには会えない。けれど、リコ自身はレンでいることを望み、復讐を手助けする代わりに直輝に自分を消してもらうよう頼む。直輝には他の選択肢はない。

1つの体に2つの人格が共存し、それを受け入れて未来へ進むことを選んだレンとリコ。
ミスパンダであるリコを愛しながらも、自分の手で封じ込めるしかない直輝。
この哀しさは、好きだ嫌いだと単純に言い合う以上の愛の深さを感じさせる、いいストーリーだと思う。

のに・・・何だか惜しい。何だろう。
 
ラストシーンも美しくて良かった。
一から出会う2人、とてもいい。 



huluではその後のストーリーが配信されるらしいです。huluはよくアナザーストーリーも配信していますし、ドラマの新しい楽しみ方はネット配信なしでは成立しなくなってきましたね。
脇役である若い俳優が主役になれる物語のもう1つの顔、新しい新人発掘の場所になるかもしれません。

続編はもう諦めているのか?月9「絶対零度」

最終回を迎えた月9「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」

スクリーンショット 2020-01-06 7.24.21


犯罪を未然に防ぐことを目的とし、あらゆる国民のデータから犯罪を起こす可能性のある人物を検知し先回りしてどんな犯罪が起こりうるのかを捜査する極秘の部署ミハン。

上戸彩主演で未解決の事件を扱う部署を描いた絶対零度から、今度は犯罪を未然に防ぐことを目的としたミハンシステムの創設から正式発足まで、4シーズンに渡って放送されている続編コンテンツです。

今回は、法制化に情熱を持った法務省官僚の香坂(水野美紀)が加入し、ミハンひいては警察に必要な人材であるか、リーダーの井沢(沢村一樹)を判定する時期に差し掛かっていた。

様々な事件を解決するうちに、ミハンでしか知り得ない情報を使って法を逃れた犯人たちを成敗している人物がいる可能性が浮上。
容疑者はミハンのメンバー全員となるが、そんなおりテロ爆破事件が計画されている情報がもたらされ犯人を追うも、その計画に香坂が加担していることがわかってくる。

ただその生い立ちから犯罪をこの世から無くしたいと強く願う香坂の気持ちを誰よりも感じていた井沢は、彼女はテロを未遂に終わらせる計画で進めていたことを察知。
テロ計画が止まっていないことを知る中、小田切に接近してきたカメラマン篠田(高杉真宙)が香坂の実の弟でありミハンの法制化を誰よりも望んでいる首謀者であることが判明。


このテロ計画が持ち上がったときに、「テロの恐怖に陥れて、平和ボケした日本に危機感を与える」という使い古されたような流れが浮上してきて、残り3話くらいは退屈になってきました。
恐怖を与え、危機感を煽ってミハンの法制化を目指してきた香坂、それでは生温いと実際にテロを起こすと計画を変更し様々な人間に近づき利用してきた香坂の実の弟。
それに賛同したものたちと、警察内部の様々な思惑が渦巻いてこのテロ事件は実行へと導かれていくのだけれど、

そもそも恋愛ボケしていたとは言え、小田切が篠田の裏の顔に気づかないという失態

そしてそれを言い訳するように、篠田の決死の告白で「最初は利用するつもりだったけど実は好きになった」という少女漫画でもあり得ない甘い展開

実は家族を殺したのは自分だと告白している篠田に、怒りを露わにしつつも「許すよ」となぜか言ってしまえる改心した仏のような井沢

これは・・・何かしら「実はみんな悩みを抱えて苦しかったんだよ」と犯罪者を丸めこんでしまう恐ろしい展開となってしまいました。
いやいや、ダメなものはダメでしょう。

殺人者からの愛の告白に涙して感動する小田切、うーん、刑事やめたほうがいいと思う。

あの告白はうがった見方をすると、最後はいい人になりたかったのかしらとなってしまう。全部嘘だと罵倒したほうがまだ、言葉とは裏腹にもしかしてこの人は最後の最後に恋に心を奪われたのでは、という哀愁は出たと思う。
正直に言えばいいってもんじゃない。

犯罪者は皆悪、ということではないけれど、話の展開として「ああ終わった」とみんなが安堵の息をついて、最後は和やかにテーブルを囲む、というのがついていけませんでした。

日本のゆるい危機意識に喝を入れるために、あえてテロを起こして不安を煽る、という手法も今となっては意外性に欠けます。
このシリーズは最初からラストが見えていた(香坂が殺されている場面からスタート)ゆえに、根底に流れる大きな事件が少々お粗末だったのが残念でなりません。

このドラマは最終回の後で、アフターストーリーとして正式発足するというところから始まる1話が用意されているようです。
最近こういうのも流行りなのでしょうか。月9の定番なのかな。
ただミハンが正式に日本において採用されるというのはなかなか描きづらい未来ではあるので、続編はもうないということなのでしょうか。

ミハンの1人がテロ事件の首謀者に利用されるというトピックスはすごく良かったと思うのに、もう少しキャラクターがぶれない冷酷さを見せてくれたら良かったな。
高杉真宙くんは裏の顔を持つ役どころをうまく演じていました。 

最後に・・・井沢と香坂の覚悟の上でのキスシーンは凄かった!驚いて、戻してもう一度見てしまいました(笑)

noteでドラマ以外にも色々呟いたり綴ったりしています。ぜひスキ!やフォローお願いします!!

逆でも良かったかも、イケメンの共演「不協和音炎の刑事vs氷の検事」

ドラマスペシャルとして放送された「不協和音 炎の刑事vs氷の検事」、田中圭と中村倫也という押しも押されぬ二大イケメン俳優の共演。確かに続々とドラマが最終回を迎えていますが、まだまだ中途半端なこの時期にスペシャルドラマを流すというのはここ最近の傾向でしょうか。
2時間ドラマ→連ドラへという流れを製作側が狙っているのか。



幼い頃、自慢だった刑事の父(丸山智己)が自白の強要で冤罪を作り上げたとされ、反論をしないまま死去したという過去を持つ兄弟。兄(田中圭)はノンキャリの刑事、裕福な家に引き取られた弟(中村倫也)はエリート検事としてある事件をきっかけに再会。
感情を露わにし、すぐに怒りが沸点に達する兄に対し、いつも冷静で感情を出さない弟。再び出会った2人はその正反対の性格で、事件解決に力を合わせていくことになる。


原作を読んだことがないので何とも言えないのですが、事件がいくつかある短編集のようですのでおそらく収められている事件を繋いで2時間ドラマに仕上げたのだと思います。




どちらかと言えば「情に訴える」刑事ドラマで、ややそこに頼りすぎてご都合主義なのが気になるものの、その象徴でもある素直で実直な兄に引っ張られるようにして、冷静な弟が心のうちを見せるところが見どころなのかなと思いました。
弟はその生い立ちのせいか、心の底にいまだ保っている情熱を容易には見せることはしない。ただ2人はお互いの見えない部分を補い合うようにして、事件解決への糸口を掴んでいく、そういう話です。

お互いがこだわり続けている、「父の責任とされる冤罪」。
本当に自白の強要はあったのか、ならば真犯人は誰なのか。

ただ語られる思い出話でも、ドラマ全体の流れとしても、「父の犯人の見立ては間違っていなかったのではないのか」ということを示唆しているようにも思えます。
小説でもはっきりと明言していないのかもしれません。

もし連ドラとして復活するのであれば、この大きなテーマを掲げながら刑事と検事という立場で事件解決をしながらも、冤罪事件の解決のヒントを得ていくという流れになるでしょうか。(ケイジとケンジという対立構造は先頃終了した桐谷健太さんと東出昌大さん共演でありましたね、あれはパート2はないような気がしますが、はてさて)

超人気俳優ゆえ、連ドラがかなうのかがわかりませんが、弁護士である趣里さんもいい味出てましたし、警察内のメンバーをもう少し華やかにすれば(新人刑事入れるとか、あ!交番勤務の笠松将くんを入れてもいいなぁ)行けそうです。
ただ、炎の刑事が田中圭で、氷の検事が中村倫也ってすごくイメージ湧きやすいので、逆でも良かったんじゃないかなと思う。実際には、田中圭のほうが2歳年上のようなので(公式HPより)年齢も見た目も兄弟の配役はそうなると思うのですが・・・

そしてもう1人、兄(田中圭)が慕う先輩警察官加藤(生瀬勝久)が目をかけている不良少年役の子が気になりました。

小野寺晃良くん。ちょこちょこドラマには出ているみたいですが、とても20歳には見えない。



もう1つ。蛇足ですが、不協和音と検索すると、

不協和音(TYPE-A)(DVD付)
欅坂46
SMR
2017-04-05


どうしてもこちらが先に出てきます(笑)


noteでドラマ以外にも色々呟いたり綴ったりしています。ぜひスキ!やフォローお願いします!!

自由+老い=孤独なのか、コタキ兄弟と四苦八苦第10話「老苦」

オンデマンド配信で毎週楽しんでいます「コタキ兄弟と四苦八苦」
第10話のテーマは「老苦」・・・老いる苦しみです。

スクリーンショット 2020-01-06 8.19.02

先週の怒涛の畳み掛けのラストから続く今回、不器用でその場しのぎの嘘しかつけない二路(滝藤賢一)は、さっちゃん(芳根京子)が実は母違いの妹であることを知らされて動揺を隠せない。
そんな二路に兄一路(古舘寛治)は「オヤジに会いに行くか」と誘う。

この一路に5年前、父親の消息を知らせに来たのはさっちゃんの母親(手塚理美)だった。身元不明の浮浪者として発見された零士の居場所を渡し、娘がいることを語っていった女性。一路はそれからたびたび零士の元を訪れ、程なく無職になったのを機に妹であるさっちゃんをこっそり見守ることになったのだ。


コタキ兄弟の母親は、女癖が悪くてチャランポランな父親の一番の被害者だった。死際、二路が顔を見せに来なくなった理由、そして一路が抱えていた父親への複雑な心境、家族への思い、そんなものが一路がふとした瞬間に陥ることになった「自由と孤独」と相まって、現在の父親の姿に重なっていきます。

落ちぶれて、それでもなお昔と変わらない一面を持つ父親の横顔。記憶が曖昧になり、息子すらも判別できない疲れ切ったその姿を、一路と二路はそれぞれの思いで受け止めます。

自由とは縛られない一方、それゆえの孤独がある。幸せと不幸せが表裏一体であると分かりながら、人は我慢と欲望を秤にかけながら生き抜こうとし、そこからこぼれてしまう人のことを気に掛ける余裕もない。

そんな中、レンタル兄弟として人の役に立つことを選び、切り捨てることよりも見て見ぬ振りよりも、あえて面倒を抱え込む選択をしていく2人。

二路の家族との関わりは、父親へではなくて妻に向けられるもの。大切な言葉が何なのか、それを向ける人がいるということが、束縛の上に成り立っている関係なのかなと思いました。

どちらを選んでも幸せかどうかは本人次第。

1つ気になるのが、零士はさっちゃんの名前を五月と命名した。それは、「自分が零士で0だから、俺から生まれた子供には数字をつけていく」と発言したとのこと。
深読みしなくてもいいのだけれど、一路、二路ときて、五月。3と4は?
まさか、ムラタが三四郎って名前とかじゃないですよね?まさか!!
ギャラリー
  • デュオのロードムービー、映画「さよならくちびる」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • お別れはこんなにも寂しいのか、「コタキ兄弟と四苦八苦」最終回
  • 苦しみから解放されるために苦しむ、コタキ兄弟と四苦八苦第11話「生苦」
  • 右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」
  • 右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」
  • とにかく惜しい、シロクロパンダ最終回