王道のミステリーが観たくて「ねじれた家」を選びました。
実はアガサクリスティーはちゃんと読んだ記憶がありません。

何度も映画化されるのを見る限り、長く愛され続けているミステリー。ミステリーがここまで息の根が長いとなると、傑作であるから、としか言いようがありません。ミステリーこそ一度トリックが分かれば終わり、と思えるものはないというのに。


 

元外交官で現在は私立探偵をしているチャールズのもとに、別れた恋人ソフィアがやってくる。
彼女は富豪の孫娘で、祖父のアリスタイドが先日亡くなっていた。
警察が動く前に、殺人が疑われる祖父の死の真相を探って欲しいと頼まれるチャールズ。
結局屋敷に出向くことになったチャールズは、大邸宅に共に過ごしている大家族の、凡人とは違う感覚に戸惑いながらも、話を聞いていく。


登場人物が、祖父、祖父の若い後妻、長男一家、次男夫婦、メイド兼乳母、大叔母、孫の家庭教師・・・とかなり忙しなく行き来して、最初は誰が誰だか混乱しました。

少し前に、ダニエルクレイグ主演の「ナイブズアウト・名探偵と剣の館の秘密」を観たときに、どなたかがアガサ作品と近いものがある、と評していましたがようやくその意味がわかりました(監督自身もアガサ作品のような映画を撮りたいと発言されているよう)。

大富豪の死、大邸宅、そこに住む一族、少しずつ秘密を持つ家族、深まる謎、そこにポツンと私立探偵がやってきて事態が動き出す、この仕組みはそっくりです。

ナイブズアウトのときには、名探偵と言いながらもさほどヒラメキも活躍もないような主人公にやや不満がありましたが、今回の私立探偵チャールズも話を聞き回ってはいるけれど、芳しい収穫もないまま、事件の真相のカギを握るのはソフィアの妹のジョセフィンである、という流れになっていき、両作品は少し似てるなと途中から感じ始めました。

ゆえに、今度こそ「これは王道のミステリーの形なのだ」と納得しました。

名探偵と言われると、「わかったぞ!」と指を立てて解説・・・というのが期待されるパターンで、ときには「そんなことまで!」と目を見開くほどに、犯人の心情や動機までを見事に推察したりするものですが、本来色っぽい名探偵の役目と言えば、誘惑され、人々をざわつかせ、事態を動かす刺激剤なのでしょう。
探偵が翻弄されればされるほど、事態は展開していくのです。

そういう意味では、チャールズを演じたマックスアイアンズはもう色気ダダ漏れで、未亡人である若妻からも色目を使われる始末。チャールズ本人は、訳ありで不仲になったソフィアに未練たらたらで隙あらばキスしようとするそぶりを隠そうともしない。

事件の真相はやや衝撃が残るものの、そこまでトリックが複雑ではありません。
ちょっと言いっぱなし感ある呆気ないラストではありましたが、チャールズの魅力がいかんなく発揮されていて、女性目線では満足のいくものでした。

捜査に科学捜査などの技術もなく、個人情報が今ほどうるさくない頃のミステリー。
そう思うと、現代の刑事ものフィクションは狭い枠の中で作らなければならない制約があるのだなとつくづく思います。
王道の名作ミステリーは現代に置き換えると齟齬が目立ち、ある程度その時代の設定にしないとトリックすら成立しないこともある。

私立探偵が容易に事件現場に出入りし、メモを片手に家族に聞き込みをする。
伝統的なミステリーの造りは、ワクワクというよりもどこか懐かしさすらある。

日本で言うと横溝正史あたりが該当するのかなと思うのですが、そう思うと現代の金田一耕助はもっとエロティックでいいのになと思ったりします。

ちなみに、次男の妻役のアマンダアビントン、どこかで見たことあるな・・・とモヤモヤしていたのですが、思いだした!カンバーバッチの「シャーロック」で、ワトソンの妻を演じた女優さんでした。あぁすっきり。