続々と春ドラマ開始時期の延期が発表されています。

緊急事態宣言が出されたからには、撮影続行が非常に危ぶまれている状況です。
多くのスタッフ、出演者、エキストラなど撮影は「密集」がつきもの、シーンよっては三密の条件が揃いそうなので仕方ないとは言え・・・エンタメが滞るのは悲しい。

そんな時には、撮り溜めた映画を観るに限る。

今回は2013年の映画「鑑定士と顔のない依頼人」です。

鑑定士と顔のない依頼人(字幕版)
シルヴィア・ホークス
2014-11-02

 
現代は「The Best Offer」
最高の言い値という意味を拾うことができましたし、オークションの用語では「値下げ交渉機能」のことを指すそう。
主人公のヴァージルはオークションで活躍する名美術鑑定士ですので、その辺りの意味もかけられているのかな。

ヴァージルは潔癖で人嫌いの美術鑑定士。その腕は一流で、長年美術品を扱う競売で活躍していた。
ただ、友人で画家崩れのビリーと組み、競売にかけられたお目当ての品(主に女性の肖像)を安く競り落として自宅のコレクションにする、という裏の顔も持つヴァージル。
時には大衆を欺き、真贋を惑わせて安値で買い叩くということもしていた。
特に女嫌いのヴァージルはある日、名指しで両親の遺品の美術鑑定を依頼してきた謎の女クレアの屋敷に招かれる。
電話だけでやりとりをしている女に疑念を抱くヴァージルだが、広場恐怖症というクレアに次第に興味を持ち始め、惹かれるようになってしまう。 



ヴァージルは、どこに行くにも手袋が欠かせない潔癖症で、女性が苦手ゆえに結婚もせずいつも1人で優雅な食事を摂っている。
自宅の膨大なコレクションは自身のこれまでの功績を褒め称えるように、美しい容姿を額に入れ、惜しげもなくヴァージルに晒している。その隠し部屋に1人たたずみ、絵を鑑賞することが彼のエクスタシー。

ところが、一本の電話が彼の運命を狂わせる。
女の名前はクレア。
電話越しに聞く限り若い女であることは間違いなく、ヴァージルとの約束を破ったり、約束の場所に姿を見せなかったり、とそのミステリアスに包まれた存在を忌々しく感じながらも、徐々に惹かれていくヴァージル。

ここに恋愛対象を虜にしていく、見事なセオリーが詰まっているのです。

---ここからはネタバレ有りです------

電話越しのセクシーな声はヴァージルの耳の中にこびりついている。
彼は女嫌いではあるけれど、それはおそらく生い立ちによるもの。美術作品に女性の肖像を選びそれを収集し鑑賞することで欲望を満たしているところから、生身の女性が苦手なだけだとわかる。

女は約束をすっぽかし、会うと言いながらも姿を見せない。怒ったヴァージルは声を荒げて女を罵倒するのだけれど、それが「広場恐怖症」という病気によるものだとわかると、途端に心が揺さぶられてしまう。
自分も長らく、人間と深く関わることを極度に避けてきた。
その人生も重なり、次第にクレアを助けたいと願うようになる。

それはそのままクレアへの恋心に発展していくのだ。

クレアのワガママはそれに止まらず、両親の遺品をオークションにかけたいと言いながらも、売らないと言い出したり、いつでも来ていいと信頼した顔を見せたと思ったら鍵を新品に変えて締め出すなど、子供のワガママのようにひどいものだけれど、ヴァージルは自分の中に芽生えつつある感情に己を制御できなくなっていく。

ついにヴァージルは、決して人と会おうとはしない彼女の隙をついて、その姿を目にするチャンスを得ようと大胆な方法に出る。
実際に見たクレアは予想以上に若くて美しく、その姿はヴァージルの脳裏に深く絡みつく。

もうヴァージルの壊れたブレーキを直す術などなく、彼は仕事も円熟期を迎え余生を穏やかに過ごすはずだった日々を、今度はクレアに捧げる決意をした。
プレイボーイの機械職人ロバートに恋愛相談をしたり、恋をしてしまった少年のような老人には戸惑うことばかりで、クレアとの最良の道を探ろうとあらゆる努力をするヴァージル。

彼はこれまでの人生とは全く別のレールに乗ってしまった。
ついにはパニックに陥ったのか屋敷から忽然と姿を消したクレアを、取り憑かれたように探し回るヴァージル。自分の自信でもあり誇りでもあったオークションの仕事も失敗の連続に終わる始末。
クレアを失う恐怖に怯えるヴァージルはすでにもう魂を抜かれたも同然だった。

ようやくクレアをその手に戻したヴァージルは、2度と離さないと心に誓う。
それからの日々はこれまでに経験したことのないほどに全てが輝き、喜びに満ちた世界。

長らく引きこもっていたために社会性の欠落したクレアとの生活のため、旅の多いオークション会場に出向くのをやめ、ついには引退を決意したヴァージル。

そう、彼の人生は穏やかな愛の生活への期待で大きく変貌を遂げる。

はずだった。

最後の仕事を拍手で見送られ、長年つるんでオークションを欺いてきた友人ビリーとハグでお別れをし、勇んでロンドンから帰ったヴァージルを待ち受けていたのは、

隠し部屋の膨大なコレクションが跡形もなく持ち去られた我が家だった。

もちろんクレアはおらず、彼に残されたのはビリーが描いたクレアの肖像。それは以前、クレアから「母親だ」と言って見せられたものだった。
昔の美術品だと偽られたニセモノは、長年友達だと思い、二流作家だと断罪したビリーの手によるものだったのだ。

一流の観察眼を持ち、その知識と経験で名鑑定士の名前を欲しいままにしてきたヴァージルは、画家としての腕を決して認めなかった友人の、壮大な「贋作の愛」を見抜けずに全てを奪われたのだった。


正直、この老人と若い娘の恋愛には何か裏があるだろうと思ってはいましたが、ほとんどの主要人物がグルというまさかの結果でした。
ビリーが恨むのは仕方がないのかもしれないけれど、ヴァージルが判断した「画家としての腕前は今ひとつ」というのがもし本当のことだとしたら、そこまで恨むのがお門違いだと思えました。
ビリーとしたら、確かな審美眼を持つヴァージルに批判さえされなければ、画家としての未来があったかもしれないと思うのは勝手だけれど、あまりにもワガママだし、これは逆恨みだ。

何かあるだろうと思った時に、もしかしてクレアの過去に何かヴァージルが絡んでいて、それを恨みに思ったクレアがビリーと利害が一致して復讐劇に一役買ったのかと思ったけれど、そんなエピソードは語られずじまい。

もしかして売れない役者とかなのかもしれないけれど、クレアの役どころはヴァージルを虜にし、その上で身も心も一度は許さなければならない重要なもの。
絶対にしくじれないこの役をなぜあの娘にやらせたのか。

正直ここのところが釈然としなかった。

他にもヴァージルは人との距離感が独特で、あまり心を許さないたちであると予想されるのに、機械職人のロバートのことはわりと簡単に信頼を寄せるようになる。
長い付き合いなのかと思っていたけれど、壮大な仕掛け人の1人とするならばそこまで深く長く付き合えたようには思えない。なぜ彼は信頼を勝ち取ることができたのか。

どれもこれも友人としてすぐ隣でヴァージルを見てきたビリーだからこそ、そのツボを容易に想像できたのか。

ラスト、落ちぶれて何かもかも失ったことを悟ったヴァージルが、クレアが語っていた思い出のレストランを訪れ、「待ち合わせだ」とウエイターに言いながら1人、いつ来るともしれない女を待ちわびた顔は人々の喧騒に沈んで終わる。

そのままクレアと知り合っていなければ、もしかしてヴァージルは漫然と仕事を続け、女たちの名画に囲まれながら孤独で安穏とした晩年を過ごしていたかもしれない。
それはクレアとの愛の時間を知らない自分。 何が良かったかなんて死ぬ瞬間ですらわからないのだろうけれど、彼の人生の彩りとしては、良くも悪くも大きな事件であったと言える。
それはきっと、どんな名画にも感じなかったエクスタシーを彼にもたらしたものだと想像する。

ヴァージルの光と影がくっきりとラストシーンに込められる。
喧騒の中、何を思い、何を待つのか。
人生の一番を飾る彼の記憶は、結局はクレアとの愛の日々、なのかもしれない。