前回の映画鑑賞では、今ひとつ乙女度が上がらなかったので、立て続けにラブストーリーを。

「フォルトゥナの瞳」。神木隆之介くんと有村架純ちゃんが主演です。
 

原作は百田尚樹さんなんですね。彼の作品は「モンスター」ぐらいしか読んだことないので、こんなラブストーリーも書かれるとは意外でした。


飛行機事故に遭い、家族を失いながらも生き残った木山(神木隆之介)。彼には死に近づいた人が透けて見えると言う特殊能力が備わっていた。
事故以来孤独に生きてきた木山は、携帯ショップで一目惚れした葵(有村架純)の手が透けているのに気づき、助けたい一心で声をかける。
後日、木山の誘いがなければ死んでいたかもしれないと葵がお礼を言い来る。そこから2人は急接近し恋人同士になるのだが、木山には異変が生じ始めていた。

スクリーンショット 2020-04-02 15.37.49

うん、これぞラブストーリー。これが本物の恋愛物語。やっぱり役どころとキャラクターがマッチするって大事なんだなぁとひしひしと感じてしまう。

普通の人がやるとあざとくなるぶりっこ顔が(ほっぺた膨らませて怒るとか)信じられないくらい魅力的に映る有村架純ちゃん。
そして確かな演技力でスマートな神木くん、立ってるだけで孤独で悩みを抱えた青年になってしまうその力量。

最初、飛行機事故の生き残り、そこからの特殊能力。
これはもうSPEC?!一十一(ニノマエジュウイチ?)時を止められるの?とSPECファン悶絶の設定で狂喜乱舞いたしましたが、いやいやそう言うことではなかった(当たり前)。
※SPEC公式HPより
スクリーンショット 2020-04-02 15.30.28


フォルトゥナとは、運命の女神。その瞳を持ったものは人の運命がわかる。

木山は見ないようにしていた能力が、葵と出会うことで開花してしまう。
そこからは苦悩の連続で、全ての人を助けられるわけではないのに、死を知りながら見ないフリをすることに罪悪感を感じ始める。

飛行機事故からずっと思い続けていた「なぜ自分だけが助かったのか」と言う想い。

葵と愛し合い、大切に思うからこそ捨てざるを得ない想いと、本能的に自分の存在意義を見つけようとする葛藤の中、木山は苦しみもがきます。

愛する人、愛している自分、どちらも思いが大きいからこそ悩む。

「さぁ泣いてください」と言うあざとい演出が、痛々しいくらいにシラけたり、逆に思う壺でわんわん泣けたりするけれど、この差は役者さんの力量と言うことも大きな要因であろうとひしひし感じてしまった本作でした。
今回は泣きました、悲しかった。本当に。そして美しかったなぁ、有村架純ちゃん。

この映画の番宣で、神木くんがラブストーリーが恥ずかしかったようなことを言っていたけれど、若者2人の愛し愛される姿が刹那的ですごくよかった。

スクリーンショット 2020-04-02 15.37.30


確かにSPECの一十一や、桐島部活やめるってよ、刑事ゆらぎ、などこれまでの神木くんは子役から大人にうまく転身したとしても王道のラブストーリーってなかったかもしれませんね(三月のライオンも良かったな)
「君の名は。」のイケボ声優もハマっていたし、ここまで鮮やかに子供から大人にシフトできる例ってあまりないんじゃないのかな。

不器用でちょっと暗いところのある木山だけれど、優しくて一生懸命なところが好感の持てる魅力的なキャラクターに仕上がっていました。

それにしてもDAIGO!嫌味な金持ちのボンボン役がかなりハマってた!!あの人ってちゃんとキャラクターによって表情を変えられる器用な人なんですね。役者に向いてる!

「九月の恋に出会うまで」ではタイムリープの弊害として助けた本人を最初からいなくなったものとして消し去ると言うことが挙げられていたけれど、今回は運命を変えたものがその代償を負うことになる、と言うことでそれが結果的に「愛するものか、愛している自分か」の選択を迫られる原因となります。

どちらにせよ、結局人の運命とは決まったものなのか。
選択の連続で選び取った結果が未来だとするならば、いく筋ものシナリオがあってもいいのではないのか。特殊な状況でのラブストーリー二本を見て、運命とは何なのかを改めて考えることになりました。

運命はふわふわした状態で存在しているもの、そして別の選択をした世界、パラレルワールドも並行して存在する、私はそんなふうに考えています。
日々進化し、変化していく世の中が、それぞれ決まったシナリオに沿っているとは考えづらい。
もしかして土台となるいく筋かの柱はあるのかもしれないけれど、今この瞬間に決めたことが考えられるどの筋に入っていくのかは本人次第。それは絶えず変化して、更新されていくもの、でありたい。


昔から神木くんを見ていて、北の国現象(「北の国から」の子役2人の成長をまるで親のように愛でる視聴者の目線)に陥っている人は鑑賞しない方がいいかも。
でもこれからもどんどんラブストーリーして欲しいなぁ。しかもまだ26歳。芸歴20年以上なのに?
やっぱりすごい! 

フォルトゥナの瞳
時任三郎
2019-08-21







フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)
百田 尚樹
新潮社
2015-11-28



 これも映像化されたと思う。女の復讐劇。

モンスター (幻冬舎文庫)
百田 尚樹
幻冬舎
2012-04-12






伝説のドラマ「SPEC」 

 
SPEC 全本編Blu-ray BOX
竜 雷太
TCエンタテインメント
2018-03-28


桐島、部活やめるってよ
山本美月
2013-11-26







この時の役柄も好きでしたけど・・・ 


刑事ゆがみ Blu-ray BOX [Blu-ray]
稲森いずみ
PONY CANNYON Inc(JDS) = DVD =
2018-03-28






この役柄もハマってたなぁ。


3月のライオン[前編]
板谷由夏
2017-09-27



3月のライオン[後編]
板谷由夏
2017-10-18