ついに、来てしまった。「コタキ兄弟と四苦八苦」最終回。

「愛別離苦」・・・愛するものと別れる苦しみ。

スクリーンショット 2020-01-06 8.19.02

さっちゃんがシャバダバを辞めることになった。ただそれは、岐阜にいる母親の旅館を手伝いながら、岐阜の病院に研修に行くことになった彼女ミチルとの未来を感じさせる別れ。
いっぽう、弟の二路も妻とヨリを戻せそう。

別れの時、さっちゃんに何の気無しに提案した「コタキ家宿泊ツアー」に彼女が乗り気になり、三兄弟は初めて食卓を囲むことになる。
束の間の兄と妹ごっこに感極まる2人。
ついには、さっちゃんが昔コタキ兄弟に助けられたことも判明し、再会を予感させる最後の時間を過ごした。

そして!
やっぱり話題となった「三と四」!!!

いい加減で女たらしだったコタキ兄弟の父親零士。

自分が「0」だから子供には数字のつく名前をつけていくと言っていたその言葉を借りると、

一路、二路、そしてさっちゃんは「五月」

三と四の謎を残して最終回は幕を閉じる。
それに気づいて得意げに語る二路(滝藤賢一)、それを知り愕然として頭を抱える一路(古舘寛治)。この対比がレンタル兄弟オヤジの2人を象徴しています。

村田(宮藤官九郎)が三四郎というオチだと思ったのになー。違ったか。

こりゃ続編でしょう!
古舘寛治、滝藤賢一と芳根京子ちゃんの間だもんなー。いきなりイケメン登場でもイイ!
それもちょっとイタイ感じのキャラクターで、顔はいいんだけどねという。
松坂桃李とウエンツ瑛士とかどうですかねぇ。
要潤とか勝地涼とかも面白いかも。
妹がさらにいるよりも、弟の方が面白そうだよなぁ・・・

ワクワクしてきましたー。2時間ドラマなどで復活してほしいー。

ワンクール、12話丸ごと、楽しませてもらいました。
じんわりといいドラマだったな。
人には様々な苦しみがあって、そんな中にポツリと、お金を払えば話を聞いてくれるレンタルオヤジがいる。夜中の街灯みたいに、少しホッとする存在。時には必要だけれど、いつもは気づかない、そういうものが変わらずあることに安心感を覚えました。

一路は真面目すぎるとこも含めていいなぁと思うけど、やっぱり・・・恋人には難しいかな(笑)婚活がうまくいくことは陰ながら祈ってます。