映画「後妻業の女」を観ました。2016年日本。




裕福な老年の独身男性を狙い、婚活を利用して男の財産を狙う女小夜子(大竹しのぶ)。その婚活の場を提供している結婚相談所所長の柏木(豊川悦司)。
今日も1人小夜子にたぶらかされた男が死に、全財産を小夜子に相続させるという遺言書を見せつけられた娘(尾野真千子)は探偵(永瀬正敏)を雇って小夜子の裏の顔を暴こうとイキり立つ。 
金と男と女と欲。これらが絡み合い、やがて小夜子たちは追い詰められていく。
後妻業を生業にする女と男に、逃げ道はあるのか。物語の結末は・・・


老い先短い老人に夢を与えているだけだとしれっと言い放つ小夜子と、そんな小夜子の冷たい心と愛情に惚れ込んで後妻業のエースとして期待する男柏木。
正義の味方など誰もおらず、誰もが自分の欲のために騙し騙されそれでもしぶとく立ち上がってくる。
生というものの、醜く浅ましい一面を描きながらも、どこか滑稽な人々の姿は、ただの後妻業実録に終わらないこの作品の魅力でもあります。

それでも終わりを若干感動的に仕上げたのが気にはなります。やっぱり犯罪は犯罪ですし。

ただ、これからこの手の犯罪は増える一方なのかもしれない。
1人孤独に暮らす老年期の人々が、人生を終えるときのパートナーとして誰かを求めるとき、欲と金なしでは決して成立しない、複雑な人間模様が見え隠れします。

ただの他人のストーリーではないところにこの作品の怖さがぞくりと感じられるのかも。

小夜子が愛したという、不動産王の男(笑福亭鶴瓶)・・・けど、あんまりその好きさ加減が伝わってこなかったのが残念。小夜子の繊細な一面はもう少し丁寧に見たかったなぁという思いがあります。
それにしても・・・小夜子の息子(風間俊介)のダメっぷりは群を抜いておりました。小夜子の一番のアキレス腱。実は身内が一番怖いのかな(笑)