映画「海よりもまだ深く」を観ました。

良多(阿部寛)は、15年前に一度だけ文学賞を受賞したことのある売れない小説家。生活のためにリサーチと称して怪しげな興信所に勤める、ギャンブルには目がないどうしようもない男。
家賃を払うのもやっとの生活の唯一の楽しみは、月に一度の息子との面会。ただ、元妻(真木よう子)にはすでに新しい男がいて、良多はその関係にやきもきしてつけ回すような日々。
そんなある日、台風のために良多の実家の団地で一夜を共にすることになる、元夫婦と息子、そして母(樹木希林)。これが日々を持て余し、夢に迷う大人がほんの少し未来に向かって歩き出せる貴重な夜となった。

 

是枝監督に阿部寛とくると、大好きなドラマ「ゴーイング・マイ・ホーム」を思い出し、ほっこりしてしまうのですが、このお話ではさらにどうしようもない男になった阿部寛が、過去に囚われ身動きできない様子をしっとりしんみり描いて行きます。
是枝作品の特徴とも言うべき、どこまで台本にあるのかそれとも全くなくて進んでいるのかと思えるような自然な会話がここにも満載。出演している誰もが、本当にいる人物かのようなナチュラルな姿でそこにいて、物語にこれと言う大きな抑揚がないために、よりそれが強調されています。

秀逸なのが、どうしようもない良多(阿部寛)と興信所の後輩として共に行動している町田を演じる池松壮亮。
彼の存在感が意外に大きく、良多が案じている息子と同じく、幼い頃に父親と離れ離れになった経験を持つイマドキの若者をいい空気感で演じています。

是枝監督の遊び心なのか、「ゴーマイ」に出ていた阿部寛と山口智子の子供役だった子を今度は、阿部寛の姉(小林聡美)の子供として出演させていて、軽い感動が(笑)。

鑑賞後、じわじわと何とも言えない感動が押し寄せてくる、静かで素敵なお話でした。
それにしても、阿部寛って熱い社長からどうしようもない売れない小説家まで、何をやらせても似合うんだなぁ、これはすごい。