映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

2019年07月

湊かなえはすごい!wowowドラマ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」

加入していない人は第一話しか見られないと思うのですが、すでに第4話まで放送されたwowowドラマがすごいいい!

湊かなえ原作「ポイズンドーター・ホーリーマザー」

時として、wowowドラマは放送回数が短い限界なのか、いまひとつ終わり方に納得いかないことがあるので最後まで見ないとなんとも言えませんが、 これは短編を繋げているのでこれまでの回はどれも良かったからラストも楽しみ!

イヤミスの女王などと言われている湊かなえさんですが、今回もその切れ味鋭い。

ほんの愚痴とか、同情や愛情。それを一方からしか見ていないと悲劇になるのだけれど、それをまるっきり別の方向から見るとこんな風に見えてしまうのだ、という怖さ。

自分も思い込んでいるだけかもしれない。
自分にひどいことをした人、暴言と思えるような発言、嫌な気持ちにさせられた言動。
ただ相手からしたらもしかして愛情だったかもしれない、些細な行き違いだったかもしれない。

全てのことを俯瞰で見るなんて人間には絶対できないことだし、無理なこと。
そんな絶望的な行き違いをリアルに描き出す作品。

湊かなえさんの原作は読んでいないのですが、この作品を書けるのはやっぱり彼女しかいないのではないのかなぁ・・・。人の奥底に眠るもの、表に出てくるもの、それを取り巻く人たちの感情。
どうしようも無い連鎖 を断ち切れるわけもなく、罠にかかったように堕ちていく人たち。

毎回見終わるたびに唸っています。

第3話の「罪深き女」がこれまでで一番良かったなー(今まで4話まで放送済み)。
清原果耶さんがすごく良かった!!

今後は、倉科カナさんも出演するらしいので楽しみー。



 

これはB級SFなのか? 映画「アブダクション」(※ネタバレ含む)

宇宙人モノとかあまり詳しくないゆえに、そうそう信じる気持ちになれないのが難点だなぁ。
でもこの映画を観て、エイリアンが「男系」であることがわかりました(笑)

映画「アブダクション」



【ストーリー】
女性とその息子が失踪した事件を捜査しにデビルズ・ゲート郡にやってきた、FBI捜査官のフランシス。
現地の保安官は過去フランシスが担当した事件を失策だったと判断しており、2人の失踪には事件性はないと取り合わない。
ただ、夫であるジャクソンの噂を聞いたフランシスは彼が何か知っていると推測。副保安官コルトと訪問することに。

要塞のように変貌したジャクソン家にただならぬ気配を感じ取った2人は、ジャクソンを尋問しようとするが、 そこからおかしな現象が次々と起こる。



何と言いますか・・・冒頭が一番異様で事件っぽかった。
中盤から、「えー」と言うシーンの連続で、しかもジャクソンが代々信じている存在としてエイリアンが出てくるのですがこれが絵に描いたような「宇宙人です」と言う風体で、ちょっと引いちゃいました。

その裏には一応ストーリー性はあるのだけれど、んー・・・

ネタバレになっちゃうのかな。
エイリアンがこのたび、このデビルズゲート(名前がすごい)にやってきたのは子孫繁栄のためで、純血が必須条件らしいのです。まあやってくると言っても、稲光がビカビカ光ってどどーんと雷来襲。宇宙船は見えなかったけど、雲の合間を通り抜けた光の筋を伝ってビューンとやってくる・・・と言うまぁいわゆる単純に思い描く「宇宙人来ました」と言うやつです。

しかも彼らは絶滅危惧種らしく(それって宇宙人自らが感じてるのかなー、それとももうその星には核家族しかいないの?)、 子孫を作るためにジャクソン家を利用すると言う(でもジャクソン家もそれを歓迎している風)筋書きなのですが、おそらくジャクソンの妻であるマリアは人間。ジャクソンもそうなのだけれど、宇宙人は昔から自分たちに仕えてきた彼らを乗っ取ることはできている。

となると、純血というのは男系にこだわりがあるってことなんじゃないか。

まぁ子宮は地球の大地を借りる、そして自分たちの子孫を残す。それゆえにようやくできたジャクソンの息子を奪い去っていこうとしたのですね。それに母親がついて行っちゃったというのが失踪事件の真相。

でもだとしたら・・・なぜ返したのか。(何やかやで母も息子も帰ってくる)

そうかぁ、地球侵略ってことなのか。この何もない田舎町に一旦根を下ろして、そこから地味に地球を侵略していこうという作戦なのだろうか。

というか冒頭に出てきた、この事件に巻き込まれる見知らぬ男(最後までこの人が何者かは不明)一体何のために出演したの?
何か触れてあげようよー。せめて宇宙人の手土産にするとか、何かあったでしょう。

ともかく、ツッコミどころ満載で案外楽しかったです。

こういうのもたまにはいいのか?あんまり考えさせられることもなく、気楽に「あらー、そうだったんだー」で終われます。あまりにも現実味がないからかな。

2019年7月期ドラマ 金曜「凪のお暇」

少し遅れて始まりました。金曜22時「凪のお暇」。漫画が原作のようです。

スクリーンショット 2019-07-24 14.48.03

大島凪(黒木華)、空気読めない女にはなりたくない、仲間外れにされたくない、といい子・当たり障りない子として会社で今日も愛想笑いをする。
話についていけなくても、嘘だとわかっていても、同僚とつるみたいし、SNSチェツクも欠かさず「いいね」「いいね」を押しまくる。

そんな凪の唯一の拠り所は、同じ会社でデキるエリート営業マン我聞慎二(高橋一生)が彼氏であり、結婚することでステージが上がるだろう輝かしい自分の未来だった。
彼にすら言いたいことも言えずに我慢し、いい子でいようと努力していた凪。

そんなある日、慎二のショッキングな言葉に会社で過呼吸になる凪。病に伏せる自分に突きつけられたのは同僚からも恋人からも連絡がこないと言う「孤独」
思い切って人生リセットすることを決意した凪は、何もかも捨ててぼろアパートに引っ越してきたが・・・

空気読んで、自分を抑えに抑えてきた女がリセットを決意して過去の自分を捨てる決心をした!
そんな女の子の元彼が高橋一生で、引越し先の隣人が中村倫也?!
そんな話あるかーい!!

と心底疑ぐってかかっていたドラマでしたが、案外面白かった。

しかも、凪にひどいことを言う、上から目線のモラハラ彼氏高橋一生が、今後も凪に付きまといそうな予感。その理由も結構可愛い(単純だけど)。
モテてどんな役柄でも舞い込んでくるだろう高橋一生が、この役を選んだのか・・・と前半はちょっと意外な感じしたけど、何となーくわかる・・・かな。

次から中村倫也がどう絡むのかがミモノ。ああ言う謎の猫系男子演じたら今右に出るものはいないのではないのか。

SNSのアカウントも全て消して、スマホも解約、逃げるようにして自分の殻を剥いで立ち上がろうとする健気な女の子凪。黒木華ちゃん、ナチュラルで素敵ー。 
高橋一生と中村倫也ファンをも巻き込んで、今後どう3人が絡んでいくのか。恋の行方は?

結構楽しみなドラマです。

そして・・・ゴーヤの赤い種の部分って甘くて美味しいの?!初めて知ったー。 

2019年7月期ドラマ 水曜「偽装不倫」土曜「ボイス110緊急指令室」

杏主演、東村アキコの漫画原作の「偽装不倫」。水曜22時から

恋愛ストーリーと言えば、不倫か純愛という区分け以外にまだあった。婚活に敗れまくった挙句、既婚と偽ってしまった女の切ないラブストーリー。さすが東村アキコ!婚活に疲れた女性の、新しい恋の形を描いているんですねぇ。

 スクリーンショット 2019-07-24 14.01.06

婚活に疲れ、もうお一人様決定と開き直ったパラサイトシングル鐘子(杏)。

堅物で真面目なキャリアウーマンの姉(仲間由紀恵)には結婚まで先を越されてしまい、しかも相手は二世帯同居にも快く応じてくれたイケメンのエリート商社マン(谷原章介)。

2人に見送られながら、婚活サヨナラと銘打って出かけたひとり旅でイケメンのカメラマン伴野丈(宮沢氷魚)と出会いひょんな事から旅の間一緒に過ごすことになる。

鐘子は出会った時に姉の指輪を勘違いされたまま、既婚女性と偽ったことで大胆に丈との時間を過ごすことが出来た。婚活に真剣な時には全く相手にされなかった自分が、誰かの妻という架空の人格を得たことで気兼ねなく丈との時間を過ごせた鐘子。

ただ、丈に惹かれ始めた鐘子は、早くも嘘をついたことを後悔していた。

杏ちゃんと言えば、長谷川博己との絶妙な掛け合いが見事だった「デート」が記憶にあって、真っ当な恋愛ものって新鮮。何だか「ごちそうさん」の東出くんがちらついていけないような気持ちになってしまうゆえ、この設定はハマってる、のか?
ただ、宮沢氷魚くん。そんなにタイプじゃないので(知らんし:笑)イケメンイケメン言われてもなー。台詞回しも海外から帰ってきた設定なのでアリかもですが、ちょっと気になるところも。

漫画を知らないので、今後の展開はわからないけれど、堅実な結婚生活を営んでいると思っていた姉が、がっつり若いボクサーと不倫していたりして、そちらサイドの夫婦生活もどうなるのか。

でも、「結婚してるってわかってるけど好き」、ってそれほど好き、なのか、だからこそ燃えるのか、独身であることを隠して付き合うには、判断が難しい。
今後見続けるかどうか・・・展開によるかなー。漫画読んだ方が早いのかなと思ったりもする。

土曜日22時〜「ボイス 110緊急指令室」 
 
スクリーンショット 2019-07-24 14.26.35

3年前、樋口(唐沢寿明)の妻未希(菊池桃子)が何者かに殺害された。その時に110番通報に応対していたのが橘ひかり(真木よう子)。間も無く逮捕された犯人を「別人」だと証言したひかりは、3年の間ボイスプロファイルを経験しECUの室長に収まった。ECUとは110番通報から10分で当事者を助けると謳う新しいチーム。

そこに樋口らも召集されるが、ひかりの証言で未希の殺害犯を逃したと恨む樋口は反発する。

別人と証言したのは無音のように聞こえる部分の犯人の声が、私だけにはわかると断言するひかり。超人的な聴力を持つひかりは、今でもあの事件の真犯人を追っていた。

これは韓流ドラマのリメイク。緊迫感のあるストーリー展開なのですが、1話目に事件が解決しないどころか、いいところで「続く・・・」となり、立ち上がりの1話目にしては何となく尻切れとんぼでした。

いいところで終わらせたかったのかもですが、この手のドラマはまずはひかりの超人的な能力を見せつけ、樋口の心が少し溶けかかる、くらいまでは見せて欲しかったなー。2話目の途中くらいからようやくプロローグが終わったなと思えてきて、私的にはちょっと残念でした。

次からは存分にひかりの能力が発揮されてきて、良いチームになってくるといいのですが・・・

っていうか、真犯人ってあの人、ですよね?もう一言発するだけでわかっちゃう配役は狙いなのだろうか。どこでどんな風に登場してくるのか、楽しみです。 
3話目でようやくチームが固まるのかな。スローリーな展開で、ワンクールで終わるのだろうか・・・ 

2019年7月期ドラマ 月9「朝顔」火曜「Heaven?〜ご苦楽レストラン」

2019年の夏ドラマ、スタートする前はあんまり盛り上がってなかったのですが(笑)一応出揃ってきましたねー。ようやく見ようと思っていたのが見れました。録画とか見逃し配信とか忙しいったらない!


まずは月9。最近は前回の月9が何だったのかも思い出せないくらいで、トレンディドラマからの流れを組んだフジのドラマ黄金期は息を潜めてしまったのですかねぇ。

前回と同じく今回もお堅く医療モノで、主演に上野樹里という落ち着いた配役で攻めてきました。

月曜21時〜「監察医 朝顔」

すでに第2話まで放送終了。先日の3話は、火災事故を題材にしていたため、実際に京都で起こった痛ましい事件に配慮して放送が見送られました。

スクリーンショット 2019-07-24 13.25.26

刑事の父親(時任三郎)と二人暮らしの新米法医学者である朝顔(上野樹里)。
異動になった父親の万木平が担当した事件に、朝顔が解剖することで鉢合わせになったところから物語がスタート。そしてどういう因果なのか、朝顔の現在の恋人は、平が組むことになった刑事桑原(風間俊介)。
2人の関係は周囲には内緒だが、朝顔の父親が平だと知った桑原はいいところを見せようと張り切る。一方、朝顔は本来法医学者の範疇にないところまで真相解明のために出向くなど非常に仕事熱心な一面を持つ。

この朝顔の熱心な態度と、刑事である平の経験と知識により、毎回謎の多い事件に解決がもたらされる。

話題になったのは、1話の最後に明かされた朝顔の母親が不在の理由。3.11で未だ行方不明の里子(石田ひかり)。その傷が癒えていない朝顔と、里子を探すことで生きる意味を何とか見出せている平。親子の付かず離れずの優しい距離感に、桑原がどう絡んでいくか。

2話では、早くも桑原が朝顔に求婚。朝顔のリアクションはどことなくクールだけれど、放任主義を語っていた父親に早くも反対されてしまう。これって、刑事を夫にした苦労を娘にまでかけたくないっていう親心なのかなー。風間くん、ちょっと頼りないけど打算的に(笑)、署内で浮き気味の真っ直ぐな平のことを恋人の父親だからと食らいついて気に入られようとするところ、可愛いです。
ただ時任三郎との背の格差が半端なくて、もうちょっとバランス良い配役だったら良かったのにー。キャスティングの妙。
山口智子が、いい味わいのブレない演技。脇役の人たちが良いのだけれど、2話から投入された志田未来が空気読まない系のイマドキなリケジョという役柄。あんまり邪魔しないでくれるといいんだけれど・・・。

============

そして火曜22時〜は「Heaven?〜ご苦労レストラン〜」

石原さとみ主演。脇を固めているのがこちらも豪華、福士蒼汰、岸部一徳、勝村政信、志尊淳、段田安則、おまけに謎の紳士で舘ひろし。集めるだけ集めました!いい男からロマンスグレーまで!

スクリーンショット 2019-07-24 13.43.57

営業スマイルが出来ず、勤務するフレンチレストランで浮いた存在だった真面目人間の伊藤観(福士蒼汰)。いきなり、客である黒須仮名子(石原さとみ)から自分がオープンさせるレストランにスカウトしたいと言われ、つい心が動いてしまった。
ところがオープンするレストランは素人揃いのスタッフに、立地条件も店のコンセプトも最悪かつ意味不明。まさに「潰れるためにある」ような店だった。

いつもスタイリッシュな洋服に身を包み、自分が大好きなフレンチを堪能するためだけに店をオープンさせたかのような仮名子。その場しのぎの言葉は、もしかして練りに練られた思いやり?とにかくキャラ不明、お金の出どころも不明、実態不明のオーナーに振り回されるも何とか店は少しずつ形になるが・・・

毎回美味しそうな料理と赤ワイン。お酒飲みたくなるドラマナンバーワンかな(笑)
前回の吉高由里子ちゃんのハッピーアワーのビールのよう。お酒業界も順番待ちで毎回どこかのドラマに「このお酒売るぞ」カットをねじ込んでいたりして。次はハイボールかなー。

ともかく、お金の出所が不明のセレブ石原さとみが何者なのかが第一のカギになりそう。
宝くじ当たったとか?誰かの遺産を相続?はたまたアラブの王の奥様?!ここはイマドキでYouTuber?!・・の奥様?(笑)

実はあんまり真剣に見ていないのだけれど、とにかく石原さとみさんが美しく、ワインとフレンチは美味しそう。気楽に見られるドラマです。
ギャラリー
  • デュオのロードムービー、映画「さよならくちびる」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • お別れはこんなにも寂しいのか、「コタキ兄弟と四苦八苦」最終回
  • 苦しみから解放されるために苦しむ、コタキ兄弟と四苦八苦第11話「生苦」
  • 右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」
  • 右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」
  • とにかく惜しい、シロクロパンダ最終回