映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

2019年05月

華麗に鮮やかに欺くのは愛ゆえか、映画「コンフィデンスマンJPロマンス編」

映画「コンフィデンスマンJPロマンス編」。ドラマシリーズから観てました。最初こそ、長澤まさみのむやみにハイテンションなところとか、急転直下なストーリー展開とか色々しっくりこなかったこともあったけど、久しぶりに映画に先駆けて放送されたスペシャルドラマを観たらやっぱり面白かった!!
ということで、映画館久しぶりに行きましたー!(TOHOシネマズのカードも更新期限切れてた!)

 

お馴染み詐欺グループのダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人が次に狙うお魚ちゃんは、香港マフィアの女帝にして氷姫と呼ばれるラン・リウ(竹内結子)。彼女が所有すると噂されるパープルダイヤは数百億の値がつくと言われていた。
ダー子が新しい子猫ちゃんとして仲間に加えたモナコ(織田梨沙)とともに香港に乗り込んで彼女の周辺をあれこれ嗅ぎ回り、ようやく潜り込んだところに何とダー子と因縁のある(?)恋愛詐欺師ジェシー(三浦春馬)が現れた!
ジェシーはダー子と恋仲にあったとされ、あのダー子を骨抜きにしたとされる天才詐欺師なのか?ジェシーの目的ももちろんラン・リウのパープルダイヤ。ジェシーはダー子に2人で組んで仕事をしようと誘ってくるが・・・

テレビシリーズでお馴染みの面々が出てきて「懐かしいなー」となった冒頭から、かつて3人にまんまと騙されハラワタ煮えくり返っている日本のゴットファーザー赤星(江口洋介)も絡んで3人を抹殺しようと企んでいることがわかります。

ダー子たちは今回のお魚ちゃんを無事釣り上げることができるのか。
過去組んでいたジェシーを前にして、ダー子はいつものような天才ぶりを発揮することができるのか?

三浦春馬のスマートぶりがピカピカ光って眩しくて、身長もガタイも上回っているはずの東出くんがそのボクちゃんというキャラクターゆえか情けなく見えてくるほど。
そして氷姫との異名を持つ、日本出身にして香港マフィアのトップに君臨する女を竹内結子が妖艶にクールに演じていて格好いい。

今回は「ロマンス編」と銘打っているだけあって、恋する2人の騙し合いのようなものだという恋愛を軸に、愛ゆえになかなか堕とすことができない相手にどう心開かせるのか、その過程は見ごたえがあります。
マスコミを嫌い、外に出ることを極端に嫌う情報の少ない氷姫を攻略するのは、彼女の心に根強く残る純粋な愛、だった。

期待を裏切らない結末ゆえに、どう期待に沿ってくれるのか、に毎回ドキドキする本作。
香港の壮大な景色をスクリーンで感じ、スカッとした結末とともに「ああ香港行きたいなー」。

エンドロール終わってからもちょっとしたお楽しみ映像がありますので、席は立たずにお待ちくださいね!

コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX
長澤まさみ
ポニーキャニオン
2018-09-19


個人的には竜雷太さんの出演した回が一番好きだったなー。

運も味方につけたら怖いものはない?!


 

シリーズ化により厚みが増して行くストーリー 映画「劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ救命救急-」

ご存知、フジテレビの大ヒットドラマシリーズの劇場版「コード・ブルー-ドクターヘリ救命救急-」。
フライトドクターのフェロー(研修生)として出会った4人と1人の看護師が一人前になってそれぞれの道に進む姿を描く。





ヒットしてシリーズ化されるドラマは、確固たる固まったキャラクターとストーリーがあるものですが、コード・ブルーについては、研修生から責任を持った地位にまで悩みながら迷いながらたどり着く過程を描いていて、それはそのまま演じている役者さんにもリンクしているのが魅力だなと思えます。
山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、浅利陽介、比嘉愛未、と今や日本のドラマ界で欠かせない存在になった5人も、シリーズ開始当時は若手俳優(アイドル)で実際には周囲を固める脇役に助けられた面もあると思います。
今となってはこの5人が揃っているって結構贅沢だなーと思いますけれど・・・。 
そんな楽しみ方ができるドラマが映画化される、それも今回はそれぞれのさらなる飛躍のために5人が離れ離れになる節目の時期。


ストーリーは大きな柱が3つ。

乱気流により引き返した飛行機には負傷者が多数いてドクターヘリ出動要請が。そこにたまたま乗り合わせたトロント帰りの藍沢(山下智久)が救護した女性は末期癌患者。彼女には婚約者がいたが癌により結婚は破談、ところが婚約者の彰生(新田真剣佑)は彼女を支えたいと戻ってくる。

一方、頭に包丁が刺さり精神不安定状態で病院に来た患者は、ナース雪村(馬場ふみか)の母親。アルコール依存症の母と姉と離れたくてナースの道を選んだ雪村は嫌悪と後悔の狭間で激しく揺れ動く。

そして、ある日海ほたるに巨大フェリーが衝突した大事故で出動した面々はそれぞれフェローの成長も見つつ救護にあたるが、雪村をかばった藍沢が感電し高所転落という事故に巻き込まれ意識不明の重体に陥る。

そこに藤川(浅利陽介)と冴島(比嘉愛未)の結婚式、緋山(戸田恵梨香)の転属などが絡み、それぞれの目標に向かう面々を誇らしくも寂しく感じる白石(新垣結衣)。

ドクターとして経験を積み、技術も判断力も備わったメンバーだが、厄介なのは感情、心。
そこで日々悩み、戸惑い、それでも前に進んでいく姿はやはり愛しくて清々しい。

とにかく素晴らしいのが、登場するドクターやナースの走る姿が本当に凛々しいこと!

スクリーンショット 2019-05-26 17.17.54

時々、刑事役の女優があまりにも鈍くさそうに走っているのを見たりすると、ずっこけたくなり「イヤイヤ役作りの1つとして、ちょっと習ってくれたらいいのにー、もしくは吹き替えするとか」と思ったりするのですが、ヘリから降りて現場に駆け寄る姿が頼もしくて毎回嬉しくなってしまう。これは何だろう、体幹?

このシリーズは映画で一旦終了となるのかな。
5年後なんかも見てみたいですねぇ。そうしたら、今はひよっこのフェローの面々(有岡大貴、新井優子、成田凌)も今度は凛々しくなってまた新たな若手俳優を迎える、なんて永遠にできそうですよね。

それにしてもゲスト出演の新田真剣佑の顔が美しい!これはもう吉沢亮か、真剣佑か、って感じです!!

山Pも今出演しているドラマ「インハンド」の天才博士に通ずる、口が悪いが腕は確かという脳外科医の役。何をやっても一緒とか揶揄されるアイドル出身の俳優枠ではありますが、あんまり感情を表に出さないけれど、たまに見せる本音が可愛くて愛しい、みたいな役どころって彼の魅力が一番発揮されるだろうから、これからもその路線大事にしていいと思うなー。ファンにとっては魅力満載の恋愛ものなんかもいいのでしょうけれど・・・
ミスチルの主題歌もお馴染み。ドラマそのままに世界にどっぷり浸かれます。 

役者揃いで見応えアリの青春(?)コメディー 映画「嘘八百」

映画「嘘八百」。中井貴一と佐々木蔵之介主演と聞いていましたが、予想通りの展開でよく出来ている映画。どうやら続編が決定し、2020年公開なのだとか。そんなに話題になったのか?!続編のヒロインには、広末涼子が決まっているらしいですよー。



めぼしそうな蔵を探して歩き、これぞという骨董品を買い叩いて転売するインチキまがいの古物商小池(中井貴一)は、ある家で千利休の幻の茶器を見つけて小躍りする。
大したものはないと嘘をつき他のガラクタと寄せ集めてどんとお買い上げ、ところが後々冷静に見てみると茶器だけが贋作だった。 
実は蔵の家主になりすまして贋作を売りつけたのは、売れない陶芸家の佐輔(佐々木蔵之介)。偽物をつかまされて20年、がた落ちの信用とともにどん底になった小池は自分の目だけを信じて生きてきた。その目を一瞬でも騙した佐輔の陶芸の腕を見込んで、千利休の幻の茶器で逆転ホームランを狙う小池。ターゲットは自分を貶めた桶渡開花堂の社長と重鎮鑑定士(近藤正臣)。実は佐輔の陶芸家としての成功を阻んだのもこの2人だった。


実力派2人のコメディ。そこから想像する展開を大きくずれはしないものの、悪者2人を出し抜いてやろうと落ちぶれた中年男性2人が奮闘する青春ものでもあります。

どんでん返し的なことではなくて、反発→団結→成功という展開を綺麗に決めてくれます。

最後に小池の娘いまり(森川葵)がらみのバタバタはあるのだけれど、この部分そんなに要らないかなと思ったほど。まぁ家族に貢献してこなかった父親2人の清々しいラスト、と言えばそう言えなくもない。
本当はお金なんかどうでもよくて、自分の目、才能を信じ続けたいだけ。そんな風に思えてきます。

千利休を愛してやまない博物館の学芸員役でドランクドラゴンの塚っちゃんがいい味出してます。続編も出てくるのかなー。

嘘八百
中井貴一
2018-06-27



嘘八百 [DVD]
中井貴一
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2018-07-11


陶芸とか、古物とか正直よくわからないけど、自分の目利きだけで勝負する世界ってすごいんだろうなー。




 

有名な事件をモチーフに独自の視点で描く 映画「DISTANCE ディスタンス」

是枝監督作品をwowowで特集していたので観れました。これも懐かしい作品、是枝裕和監督がドキュメンタリー出身であることがすごく良くわかる映画「DISTANCE ディスタンス」

DISTANCE(ディスタンス) [DVD]
ARATA
バンダイビジュアル
2002-06-25






このフライヤーすごく好きでした。浜松出身の写真家若木信吾さんが撮影されたのですよね。


カルト教団が水道を攻撃した無差別殺傷事件から3年後。それぞれの日常から出発する人たち4人は皆、加害者の遺族。
その加害者である実行犯は事件後に跡形もなく焼かれ、教団施設近くの湖に撒かれたため事件当日に毎年そこでひっそりと手を合わせる4人。ところが今年は信者でもあり実行犯の1人でもあったが事件当日に逃走し助かった男坂田(浅野忠信)が現れた。
何の因果か、加害者遺族4人と坂田は、互いの車が盗難に遭ってしまったため下山するのを諦め揃って教団の元施設に向かうことになる。5人の男女がそれぞれの夜をそれぞれの思いとともに過ごすことになった数時間をドキュメンタリータッチで綴る。


それぞれ姉、夫、妻、兄が実行犯として事件当日に死亡し、加害者の遺族となった4人(ARATA(井浦新)、夏川結衣、寺島進、伊勢谷友介)。それぞれが思い出すのは、「出家する」と言った日のこと。

家族とは言え他人同士、いつの間にか自分の思う「その人」でなくなっていて、でもそれは当然のことでもあるし、仕方のないことでもある。
思想や信念、あるいは宗教のことは他人がどうこう言って変わるものではない。ある人は「好きにすればいい」と認め、ある人は「それは違う」と諭そうとする。ただ、すべての人が結局止めることが出来ずに全国民を恐怖に陥れるような思想を暴走させる結果になってしまった。何がいけなかったのか、この先もきっと何かにつけて攻めることになるだろう出来事。

あなたの方が間違っている。

そう言われてしまって、どれだけの人が公平に冷静に見極めることができるのか。それはきっと永遠に無理なのだと思う。

映画冒頭で映し出されるのは、加害者遺族4人の日常。そこには普通の人と変わらない時間があって、それぞれに克服したかのように見える。ただその日、一年のうちのたった1日、普段の生活から切り離された時間があり、お互いにお互いにしか話せない場所を求めて集まり、手を合わせる。

じっくりとそれぞれの表情に迫る撮り方が是枝監督独特の演出なのですが、その画面を見ていると本当に自分がその立場になったとして、一体何をすることができるのか。いつまでもその余韻の中うろうろと劇中の時間を過ごすことになるのです。 私は特に、夫が入信してしまい教育理念として教団の教義を朗々と読み上げるのにいたたまれなくなる妻きよか(夏川結衣)に入り込んでしまった。
学生時代から知っている2人ゆえに、「変わったのはお前の方だ」と夫から責められ、何も言い返せなくなってしまう妻。

最後には驚きの事実もあり、改めてこの歳になってしみじみ感じいることが出来ました。
この懐かしの映画カムバック企画、今後もやろうと思う。 

教団にも深い関係のある百合の花がモチーフになっています。

DISTANCE(ディスタンス) [Blu-ray]
ARATA
バンダイナムコアーツ
2018-05-25

 

偏見を超えた愛の物語 映画「シェイプ・オブ・ウォーター」

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」。
恋愛映画と一口で言うには惜しい、偏見と恋愛、友情と格差社会。そんなことを考えさせられる映画です。

 


耳は聴こえるけれど幼い頃の傷が元で声が出なくなったイライザ(サリー・ホーキンス)は、とある研究所で清掃員として働く毎日。その日々は規則正しく、慎ましい生活に不満のないイライザだったが、ある日研究所に正体不明の生物が届く。一目で「それ」に引き込まれたイライザは、研究者たちの目を盗んで会いに行き、やがて心を通わせるようになる。
ところが「それ」を管理する、冷酷で傲慢な軍人ストリックランドは研究者たちの反対を押し切って自分になつかない「それ」を殺し生体解剖を実施しようとする。
それに気づいたイライザは、何とか彼を助けたいと思うのだが・・・

時代は1960年代。イライザはハンディを背負うものとして、同僚の清掃員で黒人のゼルダは人種差別で、イライザの隣人ジャイルズは売れない画家でお払い箱寸前の上に同性愛者という、偏見の中で生きていて日々孤独を募らせる人々を軸に物語は進んでいく。その頂点に立つのは、上昇志向で都会志向の強い無慈悲の軍人ストリックランド。自分が一番と思って揺るぎなく、人に優しさを向けることが出来ない男。
この男に逆らうことが許されないイライザたちだが、奇妙な生き物を殺してはならないと奮起して奪還にトライするのだった。


ハンディを背負い、決して上層階級とは言えない暮らしをしているイライザは一見、質素で純情そうに見えるのだけれど、冒頭で彼女の欲望をしっかり描いてくれたゆえに、そのあとのシーンがどれも艶めかしく見えてくる。この辺りは本当にうまいなと思う。
彼女の視線だけで、心の変化(ここで言うなら恋愛感情の芽生え)が手に取るようにわかって、一気に奇妙な生物がこの物語のヒーローなのだと気付かされる。

二足歩行で海に住むと言う奇妙な生き物は、いわゆる半魚人と言う風情。決して美しい見た目ではなく、どちらかと言えばグロテスク。狂気になりそうな鋭い爪、ぎょろりとした目、全身を覆う鱗。でもイライザを通してみると、何だか腹筋が割れたマッチョなイケメンに、見えちゃうんだ、これが。
(どこにもコレいう写真が載ってないので、見てからのお楽しみ)


イライザはいつも海の中を漂うように眠りにつき、そこから引き上げられるように眠りから醒めて現実社会と折り合いをつける。あのぼうっとした水の世界は、もしかしてイライザが住むべき場所なのかもしれない。

エロティックな女性の本能と欲望を、美しく昇華させた本作。何も考えずにフラットな気持ちで見てください。現代の生活においても充分感じることのできるファンタジーだと思う。

無修正って何だろう・・・確かにそう言ったシーンあったけど。


シェイプ・オブ・ウォーター オリジナル無修正版 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
サリー・ホーキンス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-12-05

 
 
ギャラリー
  • デュオのロードムービー、映画「さよならくちびる」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • お別れはこんなにも寂しいのか、「コタキ兄弟と四苦八苦」最終回
  • 苦しみから解放されるために苦しむ、コタキ兄弟と四苦八苦第11話「生苦」
  • 右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」
  • 右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」
  • とにかく惜しい、シロクロパンダ最終回