映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

2017年11月

wowow×Hulu共作ドラマ「コートダジュールNo.10」

始まりました。wowowとHuluの共同製作ドラマコートダジュールNo.10

04


小林聡美と大島優子主演で、1話ごとに全く異なる設定の女2人のお話を綴るという連続ドラマ。
1話目は、松たか子を迎えて共通の知人である「あきさん」のお葬式の帰りという設定で物語が進みます。女2人は「あきさん」のやっていた白馬のペンションでアルバイトをしたかつての仲間(らしい)。そこへ1人の女(松たか子)がやってきて親しげに声をかけてくるけれど、2人は思い出せない。
もどかしいけれど、探りながら進む女の会話がなんか面白くて、ようやく真相にたどり着いてホッと場が和む感じも、なんかわかる。
共通の知人である「あきさん」の存在感がその場にいないだけにより色濃く深く感じられる、素敵なストーリーでした。 

この感じ・・・そう、「2クール」に似てる。

59


最後にテーマソングが流れるのですが、そこに山崎ハコさん(だと思う)ともたいまさこさんが、この2クールの時みたいな黒い衣装に楽器を持って歌い上げる。この時の演出家の1人が今回のドラマ制作に関わっているのだとか。

なんか空気感が大事っていう贅沢な30分・・・地上波のドラマもすごく好きだし楽しいけれど、こんなゆるい作りのドラマも大好き!

どうやら、wowowとHuluで配信されるのは全く異なるお話らしい・・・
Huluかぁー、加入しちゃうかー。どうしよう。

映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」

映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」を観ました。2016年日本。



七海(黒木華)は、教員になりたい夢があるが派遣教員から抜け出せずアルバイトを掛け持ちする毎日。
ネットで知り合った鉄也と恋人同士になり、順当に結婚へと進んだ七海は派遣先の学校からクビ宣告をされたのを隠し、寿退社ということで教員を辞める決心をする。
結婚式も列席者の釣り合いを取るために、離婚したことを隠している両親と他は代理出席を頼んで何とか間に合わせた。偽りで始まった結婚は徐々にほころび始め、七海は浮気していると誤解されてしまう場面を突きつけられた上に義母から離婚を迫られ、一瞬にして結婚生活と住む場所を失ってしまった。
代理出席を依頼した関係で知り合った何でも屋の安室(綾野剛)に、次々とアルバイトや住む場所を提案されていく七海。
平凡で引っ込み思案の七海は、アルバイトで知り合った天真爛漫な女優、真白(Cocco)と一緒に住むことになり生活に一気に華やかになったかに見えたが・・・

 
三時間の超大作・・・なかなか自宅でも観られる時間を見つけることができないでいました。
岩井俊二監督といえば、大好きな「スワロウテイル」「リリィシュシュのすべて」など名作が記憶に残る名監督でありますが、今作も残酷さとファンタジーを絶妙に混ぜ合わせたようなストーリーでさすがと言わざるを得ません。

途中、ちょっとファンタジックになりすぎて気持ちが引いてきたところに、ザクッとリアルが差し込まれる。このさじ加減が岩井監督なのだなぁと思います。

声が小さくて控えめなところが先生になりきれない中途半端な七海、そこにつけこむようにズケズケと調子よく入り込んでいく安室(綾野剛)。偽名、代理、嘘・・・日常生活にあふれている偽りを難なく受け入れていく現代人とそれを可能にしていくツールをうまく使って、人のちょっとした隙間を見せつけられます。 
リリィシュシュにおいてもネット社会の現実を見事に描いた岩井監督ならでは、の現代の人々の闇と光を綺麗に拾っていました。 

偽名でも何でも人と深く繋がれてしまうSNS、知ったような気になって踏み込んでいくとするっと置いていかれる、ただそれにも気づかずに日々の生活は飛ぶように過ぎていく・・・都会で孤独にふっと落ち、自分でも知らないうちに「つながる」ことに依存している人々。
良い悪いを言っているのではなくて、ただそこに物語がある。黒木華さんの、透明感のある姿がそこに立っているだけで何もかもが成立してしまう、そんな儚げなトーンが魅力的でした。

ちなみにリップヴァンウィンクルというのは、アメリカの小説の主人公の名前だそうで、日本でいう浦島太郎のような物語だそうです。
主人公が寝ている間に20年もの時がたち、知っている人たちは皆去ってしまっていた・・・慣用句として、時代遅れの人とかよく眠る人という意味合いで使われるのだとか。
眠っている間に七海が失ったもの、それは大きくて切ないけれど次への一歩を踏み出す大きなチャンスでもあった。
岩井監督らしい美しい映像が印象的です。 

映画「ミックス。」

映画「ミックス。」を観ました。上映中。



多満子(新垣結衣)は実家が卓球クラブ、そして母親(真木よう子)はかつての栄光を娘にも、とスパルタで卓球を教え込んだ鬼コーチ。母親の死で自由になった多満子はすっぱり卓球をやめ、ごく普通の女の人生を謳歌していた・・・が、年頃になり彼氏1人もできない自分に嫌気がさしていた頃、勤め先所属の期待の卓球選手江島(瀬戸康史)に告白され交際をスタート。順調に結婚まで行くと思いきや、何と後輩卓球選手にその座をあっさり奪われてしまう。

傷心の失恋里帰りの途中に出会った落ちぶれた元プロボクサーでバツイチの萩原(瑛太)と、売り飛ばされる危機に瀕した実家の卓球クラブを救おうと全日本卓球選手権に出場することを思いつく多満子。
所属人数が多かった昔と比べ、今は趣味程度の人々が細々と通うだけの卓球クラブ。その再建をかけたメンバーは、初年度の悔しさをバネに一年厳しい練習に耐え、いよいよ出場の時を迎えるが・・・


さすが古沢良太(リーガルハイなど)脚本!!展開自体は奇抜なところもなく、何となく予測が出来てしまういわば「お約束」の傷心→奮起→ほんのり恋心→失恋→いや、待てよ的な展開なのですが、それにすっかり乗っかろうと思わせてしまう面白さがありました。

親から強制され嫌で仕方がなかった卓球というスポーツ。やめてせいせいしていたはずなのに、いざという時に自分を奮い立たせてくれたのは、かつて大嫌いだった卓球だけだった。
その皮肉に、自分を振った男への復讐心もほんのりプラスされて多満子は立ち直り、のめり込んでいく。

瑛太が格好良くて、多満子のかつてのクラブ仲間である広末涼子も可愛い!!
それぞれに事情を抱え何かしら打ち込めるものを探していた面々が、卓球に支えられ助けられていく様子は少し出来過ぎなところもありましたが、感動しました。

涙あり、笑いあり、そして最後は・・・エンターテイメントとしての映画という意味では邦画の良さが存分に感じられる作品だと思います。
ガッキーや瑛太の魅力ある表情はぜひ大きなスクリーンで・・・ 
ギャラリー
  • デュオのロードムービー、映画「さよならくちびる」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • お別れはこんなにも寂しいのか、「コタキ兄弟と四苦八苦」最終回
  • 苦しみから解放されるために苦しむ、コタキ兄弟と四苦八苦第11話「生苦」
  • 右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」
  • 右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」
  • とにかく惜しい、シロクロパンダ最終回