映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

2015年05月

wowowドラマ「贖罪 インターナショナル版」

wowowでずっと前にやっていた「贖罪」。そのインターナショナル版が録画したままになっていたので、今回思い切って着手。トータルで4時間以上でしたが、何回かに分けてようやく観れました。


ある日、小学生の仲良し5人組で遊んでいた最中、エミリが知らない男性に連れられ、その後殺されるという事件が起きる。エミリの母親麻子(小泉今日子)は、残りの4人がこれという証言ができないまま事件が迷宮入りになったことに苦しんでいた。狂気じみた顔で、4人の女子に「贖罪」を課す麻子。恐怖とともに、麻子の言葉を刻んだ15年後の4人と、今も抜け殻のように日々を過ごす麻子との贖罪とはいったい何か。

 
とにかく小泉今日子が素晴らしい。その愛らしい顔つきから発せられる狂気じみた声色は少女の胸に深く深く刻まれたであろう迫力に満ちています。
原作は湊かなえさんの同名小説。小説を読んだことがないのでわからないのですが、この麻子という人の存在感がチャプターごとにゆらゆらと常識と狂気の間を行ったりきたりするような感じがして違和感がありました。 本心がどこにあるのか少し読みづらかったです。

自分が幸せになってはいけないのではないかとひたすら大人になるのを拒む女、厳しく律し、贖罪を心に植え付けながらおのれを鍛え上げる女、抜け殻のようにただひたすらに母親の庇護のもとで息苦しく不毛な日々を過ごす女、そして何でも他人のものが羨ましくなるズルい女。4人に課せられた贖罪の重みが残酷なぐらいに胸に迫ってくるのに、案外結末が呆気なかったなという印象。

もしかして、あのぐらいしっかりした子供たちなのだから犯人の顔や体つきなど絶対に覚えていただろうに、皆が口を閉ざすのは何かしら重大な意味があるのではないかと探っていたのですが、本質は全然別のところにありました。
それが少し肩すかしだったかな・・・ 

でも贖罪の捉え方が様々にあるということが興味深かったのと、小泉今日子の考え抜かれたと言いますか、洗練された「いいところの奥様」スタイルがすごくマッチしていて、画面を華やかに彩っていました。
白いブラウス、黒いワンピース、ノスタルジーな柄のワンピース、ハイヒール、時々でシックにもゴージャスにもなる彼女の衣装は、一見の価値アリ。 

あとは、わざとなのか話を聞く為の警察内のスペースが、無駄なものに溢れ、改装中でどこもかしこもバラバラだったのが印象的でした。空虚で雑多な麻子の心理を表していたのかもしれませんね。

大人になった女性4人を蒼井優・小池栄子・安藤サクラ・池脇千鶴と実力派が演じていて、見応えはあります。とくに蒼井優の回が良かったかな。
男性出演陣では、優しい顔の裏側に潜む狂気を演じて素晴らしかった加瀬亮さんに注目。

何かと話題の多い作品でした。 

おお、書いてなかったとは!「植物男子ベランダー」

ワタシとしたことが!もう2話まで終わっているというのに、このドラマのことを書いてなかっただろうか、「植物男子ベランダーSeason2」!!

もうご存知、自宅のマンションのベランダで好き勝手に植物を育てるバツイチ独身中年男性の悲哀に満ちた植物たちとの戯れを描く人気シリーズ第2弾。

前回も、独自路線を歩み続け、田口トモロヲのハードボイルドちっくで、でも思わず笑ってしまうあの演技にすっかり魅了され、最後まで見終わったときの何とも言えないセンチメンタル感が好きで、Season2が始まると聞いて楽しみにしていました。
なんか、センスがいいんですよねぇ。音楽もそうですし、出てくる人々が魅力的で、何だかほっと出来るドラマなんです。
当たり障りがないわけでもなく、ただただ平和なホームドラマではないのに、なぜゆえあんなにほっとしてしまうのか。これぞ植物の力なのか。

今回は合間に流れるプチ植物コーナーも、案外楽しんでいます。実は前回の、多肉劇場(ん?愛の劇場か?)でしたっけ?あれがあんまり好きじゃなくて

今回もよりコメディーちっくな部分が膨らんでいる気はしますが、全体的な雰囲気は良くて、ただあんまりコメディ寄りに偏ってほしくないので、それはエンディングに流れる大橋トリオさんの世界観をそのままによろしく哀愁トゥービーコンティニューな感じでぜひ。

前回出ていた人々もカムバックしてくれないかな〜。染谷さんなんてすごく良かったんだけどな・・・不思議な青年。アレ、すごく好きな回です。息子さんとの交流の回も。
ということで、全話にまたまた期待、なのです。

勝手に演技が上手いランキング・・・女優編

先日、女性が選んだ演技が上手い「39歳以下の女優」ランキングなるものを見かけました。

結果は・・・1位 綾瀬はるか 2位 満島ひかり 3位松たか子 4位 菅野美穂 5位 仲間由紀恵 6位 井上真央 7位 尾野真千子 8位 真木よう子・・・なのだそう。

女性250名が対象とのことですし、アンケートをしていた時にドラマなどで見かけていれば上位に食い込む可能性があるとは思うのですが・・・むーん。わたしのとは違うなぁ(ドラマ「臨場」風に)

顔ぶれには一応の納得いくものの、演技が上手いという冠がついちゃうと、やっぱり1位にしたいのは、「満島ひかり」さんかな。「Woman」の演技がピカイチだった!他にも時代劇から現代まで幅広い役をこなす演技力が素晴らしい。「愛のむきだし」での初々しい演技も光ってます。
そして、同率ぐらいで次につきたいのは、菅野美穂さん。ただ、歳上女優と共演したときの痛々しいプリティ押しがちょっと辛いときがあるので、それが抑えられれば1位!と思うのですが・・・少しいじわるな役が似合うんですよね〜。葉月里緒菜と共演した「恋の奇跡」のときなんて最高でした。
ただ、ひところ演技派と思っていた中谷美紀さんが、最近露出がないせいか上位とはいかないですね・・・ドラマ「女医」の時の演技が秀逸だったのですが、その後のドラマではいまひとつ個性活かしていない感じなのが残念。「ケイゾク」も良かったな。

ということで、最近の「Nのために」の演技が光っていた、榮倉奈々さんを3位にしたい。ただし、ちょっと背が高くてすらりとし過ぎているので、ドラマという枠だと役柄が限定されてしまうかも。あんまり背が低い男優との共演がNGなのではないかなぁ。
図書館戦争の笠原さんのような役柄が(背が高くて男まさり、ただ中身は乙女!)一番似合ってる気がする。

そして、若手期待ナンバー1の二階堂ふみさんがいないのはどうして?ということで4位を献上したい。
ドラマで役柄によって、印象ががらりと変わる、わたしがイチオシ清野菜名さんを期待を込めて5位に。

次にはSPECの演技で突き抜けた感のある、戸田恵梨香さん。ただ、ちょっと最近痩せ過ぎ?もう少しふっくらほっぺのほうがかわいいと思う!

7位には蒼井優さん。私生活も女優っぽいのが一般人にとっては高嶺の花感あっていい!

8位に、長澤まさみさん。「モテキ」での可愛過ぎる女子を透明感と弾ける魅力で演じていて良かった!ただし、これからの方向性によっては・・・というところでの8位。
ああいう、ちょっと天然ででもひたすら魅力爆発という役柄がとても似合っていると思う!!自然な笑顔が似合う役をやってほしいな〜。

ということで、自己満足爆発の勝手なランキングでした。皆さんの1位はダレ・・・ですか?
 
ギャラリー
  • 映画「まほろ駅前狂騒曲」
  • 映画「お父さんと伊藤さん」
  • wowow×Hulu共作ドラマ「コートダジュールNo.10」
  • wowow×Hulu共作ドラマ「コートダジュールNo.10」
  • 映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」
  • 映画「ミックス。」
  • 秋ドラマ楽しんでいますか?
  • 秋ドラマ楽しんでいますか?
  • 今週スタートのドラマ!! 2017・秋 3