映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

映画「高台家の人々」

映画「高台家の人々」を観ました。2016年日本。

イケメンで由緒正しい家柄の長男である高台光正(斎藤工)、彼の秘密は人の心が読めるテレパスであるということ。
人の暗部を聞かされ続けた彼は笑わない孤独な男だったが、口下手ゆえに妄想大好きになった平野木絵(綾瀬はるか)に出会い、その豊かなイマジネーションの世界に一瞬にして魅了される。
2人は恋に落ち結婚の約束をするが、光正の母親から結婚を反対され、徐々に木絵は光正に心を読まれる毎日に疲労感を覚えるようになってしまう・・・


 


相手の気持ちがわからない、言ってくれないと伝わらない、これが恋に悶々とする人々のお約束のラブストーリーとなるわけなのですが、これを根底からひっくり返すラブストーリー。
相手の気持ちがわかるから、わかっていることを悟られているから、うまくいかない恋心。

木絵(綾瀬はるか)の妄想が映像となって現れる時、無邪気で豊かな彼女の心のうちがよくわかって彼女に惹かれる光正の気持ちがよくわかるのですが、それゆえに好きになればなるほど自分の心を覗かれたくないという木絵の乙女心もよくわかるんです。

クォーターでおぼっちゃま、頭の切れる素敵な王子様を斎藤工が茶目っ気たっぷりに演じていて、すぐにぽわんと妄想世界に引き込まれる天然な女子を綾瀬はるかがはまり役で演じています。

原作漫画を少しだけ読んだことがあるのですが、それよりは光正の兄弟たちの描き方は薄くて残念だったかな。ただ、ちょっとホロリとして、胸もキュンとして、最後にホッとするという王道のラブストーリーで、案外楽しめたなぁと思います。
特に、妄想世界に度々登場する、塚地武雅(ドランクドラゴン)がすごくいい!!!あの白ひげの妖精(?)に一度会ってみたい!!!(笑)

好きな人と、気楽におうちで映画したい時なんかにすごくいいと思うなぁ。うんうん。

高台家の人々
綾瀬はるか
2016-12-21






 

明日スタートのドラマ! 2017年春

みなさまドラマ観てますかー?
スタートが重なり、一話目を観て選別するのも結構大変・・・
なんて嬉しい悩みはさておき。

番宣忙しいので、もうご承知かと思いますが・・・

4/23(日)スタート!!

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」毎週日曜21:00〜
何とまぁ今作で主演30作品めという観月ありさ主演。すごすぎる!

骨格標本士という骨を組み立てるのが仕事の櫻子と、博物館の新人職員正太郎(藤ヶ谷大輔)が織りなすミステリー。他高嶋政宏、新川優愛、上川隆也出演。
人気ウェブ小説が原作らしいです・・・

35


ちょっと 「BONES〜骨は語る〜」っぽいなぁと思ったのだけど・・・骨についてどこまでどんな風に語られるのかな・・・

BONES ―骨は語る― シーズン10(SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
エミリー・デシャネル
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2016-11-05







「フランケンシュタインの恋」
毎週日曜22:30〜

農学部の女子大生でどこか冷めたところのある継美(二階堂ふみ)は、ある日そうとは知らず怪物(綾野剛)と出会い恋に堕ちる。怪物は人間らしい心で恋をするが、ある秘密から人間には触れられないというジレンマを抱え悩む。他柳楽優弥、川栄李奈、新井浩文、光石研出演。

出演者好きな人が多いし、面白そうなストーリー。オリジナルなのかな・・・前クールもオリジナルが一番面白かったし、そういう意味では楽しみ。

27


切ない恋・・・なのかな。

さて、だいたい出揃いました。もう四月も終わりですもんね。
今回一番になるのはどのドラマかな。

皆さんはどうですか?



 

映画「マジカルガール」

映画「マジカルガール」を観ました。2014年スペイン。
観てから数日経過しているのですが・・・これはなかなか胸に落ちて来るまでに時間のかかる、非常に単純なようで難しい、不思議な映画です。

日本のアニメ「魔法少女ユキコ」(架空)に憧れる、余命わずかな白血病の少女アリシア。
彼女の願いを叶えてやりたいと、父親は特注品のユキコの衣裳を買おうと決意。数奇な運命により出会ったバルバラを脅し、そのお金を工面した。
理不尽な脅しに屈したバルバラは、過去に因縁を持つ元教師のダミアンに助けを求める。1人の少女の無垢な願いにより、出会うはずのなかった男女は複雑に絡み合う。

 


何と言いますか、救いのない話ではあるのです。
バルバラは精神的に問題のある女性で、精神科医である夫により何とか庇護されて生きている。
ただ、その生き様は時に危うく、夫からも見放されそうになった女は、より夫を遠ざけてしまう行動にでる。
その中で、儚い命を淡々と生きるアリシアがその純真な美しさと残酷さで物語の真ん中を走っていきます。何とまぁどうしてこんなにも出会いの糸が偶然に、面倒な方向に絡んでしまうのか。

ただ、突拍子もないかと言われるとそんなこともなく、実は人の悪意や善意というのはこういう表裏一体の面があるものだなと思わされるのです。

劇中に出て来る、「魔法少女ユキコ」の主題歌は、実は長山洋子さんのデビュー曲なんだそう。聞いたことあるようなないような・・・ただ、イマドキの日本のアニメ主題歌というのではなく、やや懐メロがかった楽曲がより少女の哀しい希望を盛り立てる効果を生んでいました。
 
何とも言えない後味の、常識を打ち破る問題作・・・です。 


マジカル・ガール [DVD]
ホセ・サクリスタン
バップ
2016-10-05


ギャラリー
  • 映画「ほとりの朔子」
  • 映画「森山中教習所」
  • 映画「葛城事件」
  • 映画「スキャナー 記憶のカケラを読む男」
  • 今週スタートのドラマ!! 2017・夏
  • 今週スタートのドラマ!! 2017・夏
  • 今週スタートのドラマ!! 2017・夏
  • 今週スタートのドラマ! 2017・夏
  • 今週スタートのドラマ! 2017・夏