映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

映画「三度目の殺人」

映画「三度目の殺人」を観ました。公開中。

是枝監督が、「そして、父になる」から続けて福山雅治を起用した心理サスペンス。
是枝監督の新境地となる本作ですが、見ごたえのある作品に仕上がっていました。




弁護士の重盛(福山雅治)が依頼されたのは、 過去に強盗殺人で服役した過去のある三隅(役所広司)と言う男の弁護。今回も強盗目的の殺人で、殺害後に死体をガソリンで焼くと言う残虐な手口で本人も犯行を認めており、死刑は確定と目されていた。
減刑のために、微かな望みにかける重盛は、接見を重ねて行くうちに三隅の二転三転する供述に飲み込まれて行く。
弁護士には、法廷には真実など要らないと言う信念を持った重盛は、皮肉にも元裁判官であり絶対的な存在である父親が裁いた犯人に再び関わることになるのだが。


こう言う法廷ものとなると、犯人に関わることになる主人公が、熱く深く真実に迫って行くと言うパターンが多いような気がしますが(HEROとか)、この物語は違います。
ハナから、「真実など必要ない。依頼に忠実な結末を導く」ことを信念としている敏腕弁護士は、三隅の減刑に必要なものだけを拾い集めようとする。それに従ってくるはずの犯人三隅は挑発するように重盛に近づいてきて、重盛を翻弄する。

三隅は、生まれてこなければよかった人間のクズなのか。
真実は本当に必要ないのか。
三隅は、そもそも殺したのだろうか。

これまで仕事にはクールに、家庭も顧みずに淡々と人生の勝ち組街道を進んできた重盛が、 初めて真実を知りたい、知ろうと思う事件となり、その変化により三隅に取り込まれ重なり、そして迷走して行く。

途中からある程度真実らしきものがわかってきます。
ただしそれは本作においては単なる「真実らしきこと」であり、この物語を絶えず覆っているのが「法廷は必ずしも真実を明らかにする場所ではない」と言う現実。
皆、同じ船の上に乗っている以上ある程度決められた場所にたどり着こうとする、その結末の重さ軽さを量刑として決めるのであり、そこに本当のことがどれだけ含まれているのかは関係ない。
全て真実として受け止めればそうなるし、疑い始めればキリがない。
漕ぎ出した船からは誰も降りることなく、誰が誰を救ったのかもわからない、そんなモヤモヤした思いと、本当に裁かれるべきは誰なのかわからなくなってくる、疑問を投げかけられる作品でした。
 
重厚な演技で人々を翻弄して行く三隅を、役所広司がさすがの迫力で演じています。
そして、美しく寡黙で儚げな少女を広瀬すずが熱演。福山雅治の整った顔立ちが目立つ面々ではありますが、やはり役所広司の不気味さの方が優っているかな。
「シン・ゴジラ」に続き、地味でクールな女性として検察官市川実日子が印象的。

是枝監督の原案・脚本・監督ということで、 私はすごく楽しめた作品でした。
次回作が今からすでに楽しみです。 

映画「グットモーニングショー」

映画「グットモーニングショー」を観ました。2016年日本。


朝のワイドショー番組のメインキャスター澄田(中井貴一)。
順調に行っていると思いきや、ある朝息子から突然爆弾発言され、思い込みの激しいアシスタント圭子(長澤まさみ)から不倫をバラすと脅され、番組打ち切りの通達、ついには立てこもり犯からありがたくないご指名を受けることになる。
とある事件から、中継から離れていた澄田はついに立てこもり現場に赴き、犯人と接触することにするのだが。


 

君塚良一さん脚本・監督ということで、いわゆるワイドショーと呼ばれている番組の裏側をしっかり描きつつ、ドタバタあり、感動あり、厳しい現実ありのエンターテイメントショーとなっています。
ワイドショーは普段、そんなに真剣に見ることなく、流して何となく目にしているぐらいのものですが、その中にも情報というものの取り扱いに右往左往する人たちが毎日陣取り合戦のように、どのネタをどういうボリュームで伝えるかにしのぎを削っている、その臨場感は十分に感じられました。

犯人役の濱田岳が良かっただけに、ちょっと立てこもり理由が肩透かしではありましたが、それを超える展開の面白さがありました。 
シリアスで重たい映画はちょっと・・・という時には最適な作品。サクッとカラッと、面白おかしく最後まで観られます。そして、クールだけど旦那のことをよくわかっている良妻(?)吉田羊がいい。

気楽に肩の力を抜いてお楽しみ下さい。 

映画「ほとりの朔子」

映画「ほとりの朔子」を観ました。

大学受験にことごとく失敗した朔子(二階堂ふみ)は両親の元を離れ、仕事のために伯母(渡辺真起子)の家にやってきたもう1人の叔母海希江(鶴田真由)にくっついて一夏を過ごす。
海希江たちの古い知り合いである兎吉(古舘寛治)、その娘の辰子、そのおいで福島から移住してきた不登校の孝史(太賀)、海希江の知り合いである西田らと知り合ううち、自立した仕事に就き充実した日々を過ごす海希江に触発され、朔子は徐々に自分の居場所を見つけて行く。


 


ここに出てくる大人たちは、決して人生の手本となるような立派な大人ばかりではないのです。
朔子が素敵な女性だと思う叔母の海希江も、人には言えない部分を持て余しながら、それでも前を向いて歩いている。
どうしようもない日常を生きながらうまくいかない事情を時には手放したくなったり、独り占めにしたくなったり、様々に揺れ動く大人たちの中、まだわからない部分が多い自分に苛立ちを覚える若い2人朔子と孝史が初々しくて良かった。

恋の予感はあるものの鈍感に不器用に立ち止まる2人が、それでも何となく前に進もうとする小さな火種をじんわりゆっくりと胸の中に宿す。

恋をするということは、やっぱりどんな場面でも見苦しくて刺激的で格好悪い。でもすごく輝いている。

日常の中にそっと、「何か」を置いていてくれる、そんな作品でした。
一夏の物語ですので、今の時期に見るのにオススメ。
この夏にやり残したこと、ありませんか。


ほとりの朔子 [DVD]
二階堂ふみ
キングレコード
2015-02-03


二階堂ふみちゃんが可愛い!衣装もキュート!


 
ギャラリー
  • 映画「まほろ駅前狂騒曲」
  • 映画「お父さんと伊藤さん」
  • wowow×Hulu共作ドラマ「コートダジュールNo.10」
  • wowow×Hulu共作ドラマ「コートダジュールNo.10」
  • 映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」
  • 映画「ミックス。」
  • 秋ドラマ楽しんでいますか?
  • 秋ドラマ楽しんでいますか?
  • 今週スタートのドラマ!! 2017・秋 3