映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

映画「世界から猫が消えたなら」

映画「世界から猫が消えたなら」を観ました。2016年日本。

僕(佐藤健)はごく普通の郵便配達員。ただ、ある日突然余命宣告され、現れたもう1人のボクから「この世から何かを失くす代わりに、寿命を一日あげる」と言われる。
電話、映画、時計、猫。
次々にボクから出される「失くすもの候補」は、今の僕を形成するとても大事な人たちに繋がっているものばかりだった。


 


命より大事なものなど、この世の中にあるだろうか。
そして、自分がいなくなった後の世の中は、社会は、周囲は一体何か変わるのだろうか。

誰しも考えたことがあり、誰しも答えをはっきり出せないテーマにすごくシンプルに、そして深く向き合った結果、こういうストーリーになったのだなぁとエンドロールが流れる中しんみりと思いました。

電話や映画など、一見無くては寂しいし、困るような気がするけれど、命と引き換えと言われたら迷うほどでもないようなものが、大切な人とを結ぶ重要な役割を担っていたり、失くなった後の世界が味気ないものに変わってしまったりする。そのうちに僕は気づくのです。

それは人も同じ、なのだと。

「自分なんていなくても」と思うような人生であったとしても、そんな風に思わせる世の中や家族であったとしても、まるきり無かったとしたら誰かの何かが変わってしまうかもしれない。つまらないと思うことでも、誰かの何かになっているのかもしれない。
自分を大切にしろ、と言われてピンとこなかったとしても、この作品によってその意味が胸にストンと落ちてくるかもしれない。そんな予感に満ちた映画でもありました。
少しドラマティックすぎる展開かなと思うようなところもありますが、優しい歌声のテーマソングが最後に全てを包んでくれるようなそんな包容力に満ちています。


映画好きの僕に、オススメの作品を貸してくれるようになって親友となったツタヤ(濱田岳)が持ってきた作品の中に、これがあった!!!
まだ観たことないのだけれど、これ気になってた作品だったんだ!!!思い出したー。

 
太陽を盗んだ男 [DVD]
沢田研二
ショウゲート
2006-06-23





他にも「ブエノスアイレス」なんかも紹介されていて、懐かしい映画だなぁと思い返したり。




小説も気になる・・・




連休中に映画を2本は観たいと思っていたけれど、結局この1本になりました。
誰かの何かでありたい、そんな風に思いながらもなかなか実感できない毎日ではあるけれど、もしかしてその方が楽だから実感することから逃げているのかもしれない。

大切なもの、捨てられないもの、そういうものを常に認識することはちょっと息苦しいけれど、覚悟すればきっと大丈夫。
果たして今の自分の手の中には、いくつあるんだろうか。
 

ドラマ着けの海へ

どぼーんと、ドラマ着けの一日を設けた方がいいのではないかと思うほどに、我が家のHDは撮りためたドラマが大変なことになってます

さっさと諦めればいいものを、「もしかして見るかも・・・」という断捨離できない作品群が積もりに積もって、うず高く・・・

という中で、最近深夜帯の30分ドラマが見やすくて案外重宝します。

一回めを見逃して慌ててネットで追いかけた作品・・・「架空OL日記」
今一番ハマってるかも・・・

30

これ、バカリズムが苦手な方にはちょっと・・・かもしれないけれど、フツーに女として溶け込んでいる彼が何とも言えずシュールで素敵。
そして、こみね様と皆から呼ばれる頼れる姉貴的存在の臼田あさ美がすごく格好いいし、バカリズム演じる私とすごく感覚が似ているまきちゃん(夏帆)は友達になりたいタイプ、可愛くてわがままで自由な後輩さえちゃんもすごいうまいし(この女優さん、初めてかな。後輩っぷりが可愛い)、ちょっとクールな酒木さんの山田真歩もいい感じ。
仲良しOLが、上司のことについて毒づく場面なんて、もう・・・リアリティありすぎ!!!
大笑いしております、毎週。職場あるある、女あるある、どうしてこんなにバカリズムはOLの気持ちがわかるんだー!!!不思議。

同じく、短いという点で見やすい、「4号警備」

21

ストーリーは「ん?」と思えるようなこともありつつも(笑)、結構いい感じで見てます。

あとは・・・矛盾や問題点がアリアリでちょっとしらけるところもありつつ、俳優さんたちの魅力で押し切られている、「CRISIS」

12

いやぁ、小栗旬に助けられて「大丈夫ですか」とか抱きとめられたいわぁ。(ファンという訳ではない・・・と思うけど:笑、何かそういう心をくすぐられるドラマ)

他はもう脱落寸前まで行きつつ、HD残量不足に切らざるを得なくなるのかも・・・ううむ、悲しい。

「人は見た目が100パーセント」は、毎回思わず笑っちゃうNG行動があって、コメディとしてはなかなか。ただ・・・やっぱり桐谷美玲はどんなに地味にしても桐谷美玲だっ。
一般人として一番親しみやすいのは、やっぱブルゾンちえみ!そうそう、そうなっちゃうんだよなーとしみじみ感じちゃう。

そして、二階堂ふみちゃんが好きなので楽しみにしていた「フランケンシュタインの恋」は・・・実はよくわからなかった・・・マッチョ過ぎる綾野剛に若干引いて、でもどこにでもポロポロ生えるきのこにはほっこりしたりして、気持ちを立て直そうと思ったのですが・・・
とにかく大好きなドラマ「SPEC」も一話目などはさほど入り込めずに惰性で二話目以降を見たと記憶しているので、もしかしてここからグイグイと引き込まれる・・・・かも。

27


あ、そうそう。安定の面白さでは、キントリが一番かなー。

34

強気で「オバハン」と呼ばれながらも攻めの姿勢を崩さない女、天海祐希が光っております。

皆さんはどんなドラマライフでしょうか。


 

映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」

映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」を観ました。2016年日本。

さやか(高畑充希)は、何もなく周りの人だけが幸せそうな毎日に押しつぶされそうになっている一人暮らしのOL。
そんなある夜、1人のお腹を空かせた青年樹(岩田剛典)が「僕を拾ってくれませんか」とさやかの目の前に現れた。
彼の作った朝食に感動したさやかは、行くところがないなら家にいてもいいと同居を申し出る。
苗字も素性も言いたがらない彼とささやかに穏やかな日々を送るうちどんどん惹かれて行くさやか。気持ちをぶつけ、心が通い合ったと思い始めたある日、彼は約束の半年をもって突然姿を消す。


 

有川浩の原作を読んでいたので、大体のストーリーは知っていたものの、映画の中で一番胸キュンしたのは、樹が作る美味しそうなご飯の数々・・・といういささかトキメキ不足な印象でした。
ただ、岩田剛典さんにキュンキュンきた!という意見もかなり聞こえて来ましたので、私の年齢のせいというよりは、好みの問題なのかも(と思いたい!強く!!)

高畑充希さんも、もう少し大人びた冷めた女性の印象が強く、ほんわかしたラブストーリーには私のイメージだと少し違ったのかなぁと。
有川さんの作品は、乙女心を刺激する王道のラブストーリーもたくさんありますので、そういうものに憧れる年代だともっと素直にストレートに気持ちにドンと入ってくるのかもしれませんね。

ただ、2人の関係が深くなり、歯がゆくもささやかな思いが募って行く過程において外せないのが、2人を結ぶ「ナチュラルな食卓」。
樹はさやかに愛情いっぱいの弁当を持たせ、さやかがこれまで好んで食べていた外食の味を「しょっぱいな」と思わせるほどに変えてしまうのです。
恋をして、いろんな変化をする女性は多いのでしょうけれど、女性ではなく男性が作る料理によって女性の味の好みが変わるというのは有川さんならではの斬新な設定だなと思います。
料理をして待っていてくれる男性・・・これは今だからこその理想の彼ということになるのかもしれませんね。
確かに、会社で嫌味な上司に文句を言われ、いいことがないなぁとため息をついて帰る先に美味しい料理と大好きな彼の笑顔があったら、それは毎日が楽しくて仕方ない!それを失いたくないと強く思うほどに。

彼によって新しい世界が開ける、興味の持てることが見つかる、そういう出会いって年齢を重ねるとなくなるからこそ、もっと臆せずにいろんな人と出会いたいなぁと思う、そんな作品でした。 
ギャラリー
  • 映画「ほとりの朔子」
  • 映画「森山中教習所」
  • 映画「葛城事件」
  • 映画「スキャナー 記憶のカケラを読む男」
  • 今週スタートのドラマ!! 2017・夏
  • 今週スタートのドラマ!! 2017・夏
  • 今週スタートのドラマ!! 2017・夏
  • 今週スタートのドラマ! 2017・夏
  • 今週スタートのドラマ! 2017・夏