映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

映画「彼らが本気で編むときは、」

映画「彼らが本気で編むときは、」を観ました。2017年日本。

生田斗真がトランスジェンダーを演じて話題になった本作。「プール」「マザーウォーター」「四十九日のレシピ」をなどで知られるスールキートス社配給、「かもめ食堂」などで知られる荻上直子監督のオリジナル脚本です。

母子家庭に育ち、帰れば誰もいない部屋で一人コンビニのおにぎりのみで暮らしているトモ。女を捨てきれない母親がまた、家を出て行った。そんなトモが頼ったのは母親の弟のマキオおじさん(桐谷健太)。彼の部屋で出会ったのは、一緒に暮らすリンコ(生田斗真)だった。
普通の女性とは違うリンコに戸惑いながらも、その女らしい気遣いと素直で飾らない人柄に、トモは次第に心を解いて行くようになる。

 

神様のいたずらで、心と外見が一致しない形で生まれたリンコ。その心の中は複雑で、戸惑い悲しみに暮れた思春期を経て、その怒りや悲しみをぐっと内に秘める方法を生み出していた。
手持ち無沙汰のとき、時間があるとき、どうしようもないとき、リンコがいつも手にするのは編み物。その一針ひと針に決して外に出せない気持ちを込めて、作り上げるのは「ある想い」を成し遂げるため。
その気持ちはトモにも、恋人のマキオにもちゃんと届いている。

リンコを見るこちら側の気持ちは、幼いトモと同じくで、違和感から打ち解け、さらになおその穏やかさや心の広さに惹かれ、決して立ち入れない気持ちにもどかしく愛を感じて行くのです。
リンコを演じる生田斗真が、性の問題を抱えたナーバスな役どころをリンコ以外には見えないほどに愛おしく演じれば、それを受ける素直で正直で愛に飢えた小学生を子役の柿原りんかちゃんが巧みに演じています。この子、本当にうまいなぁ・・・

母親でもない、女でもない、一人の人間として、なんて口でいうのは簡単なのだけれど、生まれた時から分けられる「男」と「女」という概念に死ぬまで縛られている人間たち。そこに複雑な事情を抱えた人がいるということを知りつつも、自分は何なのかで他の価値観を深いところでは知ろうともしない。

これは決して女性の心を持った男性の話なのではなく、女も男も母親も恋人も「こうあるべき」姿に窮屈になりながら、日々をうまく乗り切って行く、ある種のしぶとさのような何かを求めて生きているのかもしれない、と思わされました。
人生は役柄ではないのだから、心の中にいる自分にちゃんと目を向けて見る。そして足りないものは見ないのではなくて、足りないものをそれとして認める、そんな余裕があればもっと世界が違う見え方をしてくるのかもしれません。

非常に繊細な女たちが苦しむ中で、一人優しくてでも不器用でちょっとだらしない男を桐谷健太が愛らしく時に孤独に演じる姿は、もしかして生田斗真を輝かせる要因になっていたのかも。

いい映画って幸せだ、心からそんなふうに思える作品でした。

彼らが本気で編むときは、 [DVD]
生田斗真
ジェイ・ストーム
2017-09-06












彼らが本気で編むときは、
荻上 直子
パルコ
2017-01-18


映画「アンチポルノ」

園子温監督が、「ロマンポルノリブートプロジェクト」に参加し、完成させた作品である「アンチポルノ」を観ました。
このプロジェクトは、日活ロマンポルノ45周年を記念して企画され、予算や表現方法に一定の制約を設けて、有名監督5人にロマンポルノを作り上げてもらうというもの。

 

5人のうち、園子温監督の作品を一番楽しみにしていました。

京子は有名小説家。その作風は独特で、一度そのストーリーについて絵を描き、そこから小説に構成していくというもの。
彼女には清楚で従順なマネージャー典子がおり、有能なスタッフにより彼女のイメージを守っているのだが、彼女の精神状態は危うく今にも壊れそうになっていた。 

とにかく何よりも典子を演じた筒井真理子の演技が圧巻。
従順で何でも言うことを聞くマネージャーから、悪態をつき女王様のように恫喝するベテラン女優と振り幅の大きさが魅力。言うなればその一筋が大きく通っているだけで、この作品の映画たる迫力が備わっている気がします。

ただ・・・ちょっと難解でした。園子温監督ファンとしては置いてけぼり感が半端なく、理解しようとすればするほどその瞬間から突き放されいく、そこが快感でなく難解になってしまったところに寂しい気持ちになりました。

画面の力強さや、セリフのスピード感と駆け引き、そこには園子温監督の魅力が感じられたのですが、期待していたエロティックさが予想とは外れた方向に振り切ってしまっていて置いてけぼりな気持ちににはなったのは残念。
この制約やテーマが合っていなかったんでしょうか。次は元SMAPの映画を監督するという園子温監督。今度こそ制約のある中でも一際目立つパフォーマンスを創り上げて欲しいなぁ。

目にしたチラシ、ものすごく印象的なイラストが描かれていますね。

320

作者は篠原愛という方だそうで、少しだけ他の作品も観ましたが、動物と融合させたり、儚げな表情を敢えて選んだり、と面白いアーティストさんのようです。また個展などがあったら観に行きたいなぁ。 


 




作品集あるみたいですね・・・

篠原愛 画集 Sanctuary
篠原 愛
復刊ドットコム
2017-03-14

 

映画「まほろ駅前狂騒曲」

映画「まほろ駅前狂騒曲」を観ました。2014年日本。

まほろ駅前にある多田便利軒。
何でも引き受ける便利屋の多田(瑛太)と、そこに転がりこんだ浮世離れした行天春彦(松田龍平)。
年の暮れに多田のところに舞い込んできた依頼は、訳ありの子供を預かるという仕事。
バツイチの2人、子供嫌いな行天と子供には少なからず思うところのある多田が子供相手に奮闘している最中、とんでもない事件に巻き込まれる。
行天とは因縁の仲である男(永瀬正敏)、そこに絡む疑惑や思惑、まほろに渦巻く裏の顔とは。


 

小説も好きですし、このはまり役の2人が面白くてテレビシリーズも大好きでした。

今回は、大森監督の手によって(テレビは大根監督)便利屋を巻き込んだ事件を軸に、子供には思うところのある行天と多田が、預かった子供はるちゃんを通して過去の傷に対峙する姿を描いて行く。
小説で読んでいたので筋は分かっていたものの、相変わらず飄々とした魅力満載の松田龍平演じる行天と、その行天を疎ましく思いながらもどこか憎めないでいる便利屋多田を演じる瑛太が非常にうまく絡んでいて、全体を引っ張る形で最後まで楽しめました。
 
三浦さんの原作の面白さはもちろん、映像化するにあたりうまくはめ込まれた配役の妙もこの作品の魅力です。親子関係、過去の傷、そういう重いテーマを映画として重厚になりすぎずに描けているのは、主役2人の関係性や人柄が実にうまく表現されているからだと思います。

また連ドラでも観たいなぁと思う作品。二人が年を取っていく様もじっくり観たいものです。
個人的には、高良健吾もすごい好きですねー。

※小説も面白いのでぜひ

まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)
三浦 しをん
文藝春秋
2017-09-05



まほろ駅前狂騒曲 DVD通常版
瑛太
ポニーキャニオン
2015-04-15






まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
三浦 しをん
文藝春秋
2009-01-09



まほろ駅前番外地 (文春文庫)
三浦 しをん
文藝春秋
2012-10-10



この小説の装丁って、ずっとタバコをメインにしているんですね・・・ 








 
ギャラリー
  • 映画「祈りの幕が下りる時」
  • 映画「サバイバルファミリー」
  • 映画「あん」
  • 映画「女が眠る時」
  • 映画「恋妻家宮本」
  • 映画「嘘を愛する女」
  • 本日スタートのドラマ! 2018年冬 2
  • 本日スタートのドラマ! 2018年冬 2
  • 本日スタートのドラマ! 2018年冬 2