映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

映画「相棒 劇場版IV」

シリーズ四作目となる「相棒 劇場版」を観ました。公開中。

初日に観ていましたが、今頃のレビューです。


特命係の杉下と冠城は、国際犯罪組織のリーダー・レイブンが日本に潜伏しているとの情報を得たのちに香港から入国しているマークリュウという人物の案内役を指名される。潜伏先の調査を手伝っている最中、外務省のホームページをハッキングした犯罪組織から7年前イギリスの日本領事館関係の集団毒殺事件の唯一の生存者で、直後に誘拐されたまま姿を消した少女えりかの現在の姿と思しき動画が配信される。そこに込められたメッセージと身代金の要求。
レイブンは何者なのか。えりかは監禁されたまま7年もの歳月をどう過ごしてきたのか。動画の女は本当にえりかなのか。
特命係の2人がマークリュウと共に、真相に迫る。


 


最初から少し「こうなのかな」と予想しながら観ていましたが、それを置いてもスケールの大きい映画版相棒でした。
国を背負い、国を信じたものたちの悲しい過去と現在の姿。
平和という名の下に犠牲になった人たちの想いは、一体どれほどのものなのか。

想像の域は超えないものの、大きなものに飲み込まれて潰された家族、志、プライドを思う時日本が平和なのだと言い切れるのかどうか。

ドラマ版においても見ごたえのある回が前後編と続いていた流れもあり、久々に重いテーマに切り込んだ緊張感あるストーリーでした。

今は右京さんと絡むことがなくなった米沢さんや、ドラマでもちょこちょこその顔を拝見する神戸くんとの絡みも懐かしく、楽しく観られましたし、笑いもある盛りだくさんの内容。
そして、右京さんの全力疾走は見事だった!ということは付け加えておきます。

観客は全体的に年齢層は高めであったためか、落ち着いた雰囲気で存分に楽しめました。
気になる方はぜひ劇場で! 

映画「蜜のあわれ」

映画「蜜のあわれ」を観ました。2016年日本。

 

死期迫る老作家「おじさま」と、金魚と少女の間を行ったり来たりする愛くるしい存在「あたい」との間の時にファンタジックな愛欲の世界。
何となく、理解しがたい話なのかなと思っていましたが、二階堂ふみの金魚ぶりには興味津々でした。

とにかく、金魚である「あたい」が「おじさま」を愛し、嫉妬し、時にわがままに、時に献身的にその気持ちをコケティッシュに表現する様はとても可愛らしい。
終始、金魚である二階堂ふみの魅力に引っ張られているような、そんな映画でした。

老作家と少女の恋ということで、普段ならば食指が動かないタイプのストーリーなのですが、金魚である少女という幻想的なキャラクターのせいでそこまで生々しくならずに観られます。
ただ、割とストレートに性欲や嫉妬について描かれていますので、そういうのが苦手な方は要注意。
そこはファンタジーといえど、老作家の視点はあくまでも人間的です。

途中、幽霊として真木よう子が絡んでくるのですが、このビジュアルがちょっと金魚と対比するとあまりにも短絡的でもう少しどうにかならなかったのかなーというのが正直なところ。

二階堂ふみワールドは炸裂していますので、ファンの方は堪能できるのかなと思えます。
それと、高良健吾の芥川龍之介はすごい。繊細な文学者の風格を見事に演じていました。それだけでも見る価値ありでしょうか。

室生犀星の小説が原作となっていますので、今度はそちらを読んでみたいな。


 
この本、装丁も素敵!

蜜のあわれ
室生 犀星
小学館
2007-06-12

 

映画「ジュリエッタ」

大好きなペドロ・アルモドバル監督の最新作「ジュリエッタ」を観ました。

ある短編小説を原作として、 アルモドバル監督が母と娘の数奇な運命を描く本作。

ジュリエッタは、長らく住んだマドリードを去る決意をした。1人アパートで暮らしていた彼女は、恋人からの愛に満たされている。
ところが、いよいよ街を出るという日に偶然娘の話を聞いてしまい、ひどく動揺してマドリードにとどまることを決めてしまう。ここ最近誰にも語ることのなかったジュリエッタの過去。もぎ取られるようにして別れることになった娘との確執、誤解、愛、そして後悔。乱れたジュリエッタの心を鎮められるのは一体誰なのか。

とても美しい若き日のジュリエッタ。
突然訪れたある人物との別れに心を乱された彼女は、すがるようにして愛した男との間に愛しい娘を設ける。ただ彼女の心には小さなシミのような不安が付きまとい、ついにはそれに耐えられなくなっていく。
ジュリエッタの愛は信じる対象を求めて彷徨い、ついには身近にいる人をも遠ざけていく。


とにかく、ペドロ・アルモドバル監督のセンスが大好きです。
ストーリーも魅力的なのですが、冒頭からの色彩の鮮烈さに心奪われ、画面に映る何もかもが美しく素晴らしい。
もう終始うっとりしっぱなしで、やはり映画館で観るのがいいなぁと思えた作品でした。



そして、スペイン語の響きも本当に好きだなぁ・・・。
今更、外国語を一から習うってありなのか・・・スペイン行きたい!!!
 
ギャラリー
  • 本日です!!
  • 本日です!!
  • 明日スタートのドラマ!!!
  • 本日スタートのドラマ!どっちを見る?!
  • 本日スタート!波瑠主演「サバイバル・ウェディング」
  • 本日スタート!「チア☆ダン」
  • この後スタート!「グッド・ドクター」
  • 今日からスタート!!「高嶺の花」
  • 今日からスタート!!「義母と娘のブルース」