映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

母娘の複雑な愛憎劇を鬼才アルモドバル監督が描く「ハイヒール」

新作が出るたびに独特の世界観に魅了される鬼才、ペドロ・アルモドバル監督の1991年の作品「ハイヒール」を観ました。




これは母娘の複雑な愛憎劇、そして愛されることを誰でもなく肉親に求めてしまう女の、悲しい運命を描いています。


キャスターであり、全身シャネルで固めた美しい女レベーカ。
彼女が待ち望んでいたのは、一世を風靡した伝説の歌姫であり愛しい母であるベッキーとの再会。恋と仕事を求めてメキシコに渡った彼女と会うのは実に15年ぶりだった。
そしてレベーカはその月日で、ベッキーの元恋人でありテレビ局のオーナーであるマヌエルを夫にしていたのだった。
そこに意図的なものを感じるベッキーは、レベーカとマヌエルの家に招かれ、複雑な思いで2人を見つめる。実は夫婦の仲は冷え切っており、昔と変わらぬ愛おしい視線を向けてくるマヌエルに熱い思い出が蘇るベッキー。
レベーカもそのことを十分承知しているように、2人の様子を影から伺うのだった。



有名で美しい女を母親に持ち、その愛情を一心に受けたいと願いつつも、男と仕事に阻まれて欲望が果たせぬままに大人になったレベーカ。
彼女の愛情表現は自然と歪んだものとなり、母ベッキーが自分のもとに帰ってくるのをずっと待ちわびていた。彼女が手に入れられなかったマヌエルを夫にしたら、彼女が必ず自分のもとにやってくると信じていたのだ。
それがやっと叶ったのだけれど、ベッキーは恋と仕事に身を捧げた女。娘のことは愛していると口にしながらもどこか上の空で、娘が夫に選んだ男のことでは不気味さすら感じている。

そんな母娘の再会後すぐ、マヌエルが何者かに殺された。
話を聞くためにと判事に呼ばれたのは、マヌエルの浮気相手の女、母ベッキー、そして妻であるレベーカの3人。

誰もが彼が殺された前後に殺害場所である別荘に行っており、部屋に入っていたのだ。
殺したのはそのうちの誰かなのではないか。
やがて犯人は自供するのだが、取り調べをした判事は何か裏があるのではと思い始める。

レベーカは、幼い頃母親のためにある計画を実行した。
自分のおかげで自由になった母親だけれど、結局は自分を選ぶことはなく、仕事と恋に奔走し目の前からいなくなってしまう。

もらえるはずの愛情を置き去りにされた彼女は、今度こそ彼女の愛情を受けたいと願うのだけれど、現実はうまくいかず焦りだけが募る。
ベッキーはレベーカの中にある狂気に気づこうとせず、レベーカは自分の人生が母親への深い愛に蝕まれていることに気付いていない。

愛されたい人に愛されない人生の悲劇を、アルモドバル監督が独特の色彩感覚で鮮やかに描ききった本作。
彼の作品では、LBGTの問題や(彼自身が同性愛者)親子関係などが多く取り上げられています。
そんなテーマにもかかわらず、原色に彩られた世界、華やかに色が散りばめられているのに統一感を醸し出せるのはセンスの一言。
重たいテーマでもスタイリッシュに描き出すのです。
あの色彩マジックは、日本で言えば蜷川実花、ただし乙女度は抜いてください。滲んだような赤というよりは、パキッと原色でマットな仕上がりなのがアルモドバル監督。

彼の作品に出てくる部屋はどれもおしゃれで適度に鮮やかで、非常に興味あります。
そういうホテルとか休憩施設とかないのかな。
毎日はしんどいかもですが、一度は体験してみたい。


何と今年の6月に監督の新作が日本上陸予定。
この頃には映画館、行けるようになっているのかな。


アルモドバル監督の作品では、「トーク・トゥ・ハー」が一番好きです。

これはなかなかすごい!収録作品どれも秀逸!


オール・アバウト・アルモドバル BOX [DVD]
ペネロペ・クルス
アミューズソフトエンタテインメント
2005-11-25




小説のこと、映画のことも時々呟きつつ、ブログなどでは語らないふかーい話も・・・

わたくしのメルマガはこちら→コチラ 
※登録・配信停止いつでも自由でフリーです。 

ドラマティックなノンフィクション「ダークサイドミステリー」

NHKBSプレミアムで昨日放送された「ダークサイドミステリー」
本当にあったミステリアスな事件を紐解く番組で、初回は実にドラマティックな内容でした。

 

「ナチスを騙した男 20世紀最大の贋作事件」と題し、贋作作家としてフェルメール作品を多く売り捌いた画家メーへレンの生涯を紐解き、なぜこんなことが起こったのか、真実に迫ります。

メーへレンは写実主義の画家。巧みな技術はたちまちに評価され若くして賞を受賞。
建築家を目指していた彼が、大きく画家へと将来の舵を切ったことがそもそもの悲劇の始まりでした。

彼が生きていた時代は20世紀。
これまで精巧に風景を描写したり、宗教画などが主流だった絵画の世界にピカソなどに代表される新しい風が吹くようになっていた。
シュールレアリズム、キュビズム、ダダイズム、これまでにない独創的なタッチや題材などがもてはやされるようになり、メーへレンは画家としてのスタートを切った瞬間から「古い」と言われるアーティストの代表とされるように。

絵が思うように売れず「絵画の修復」という道を選択せざるを得なくなった彼に、とある真贋が不明な著名画家の作品が持ち込まれた。
その傷みのひどい絵画をほぼ描き直す形で修復したところ、本物と称されて高値がつく。これにより、彼のさらなる転落人生が始まったのだ。

本物と一旦称された上で、権威ある専門家が登場。これは最近描かれた贋作であると見抜き、メーへレンもそれに加担したと批判された。
画家としてのプライドも地位も傷つけられたメーへレンは復讐を決意。

彼を貶めた権威ある専門家が、最も得意としている分野「フェルメール」の贋作で彼を見返してやろうと思いついたのだ。


以前読んだ、日本が巻き込まれた世紀の贋作画商と言われたイライ・サカイ についての本にも書いてあったけれど、




最も巧妙な贋作は、有名作品をコピーするのではなく「その作家が最も描きそうな未発表の作品を作ること」。

復讐に取り憑かれたメーへレンは、見破られた「年月による絵具の固まり具合」の壁を越えるために絵の具の調合に細工を施し、さらに年月による表面のひび割れ、そこに入り込んだ汚れまでも忠実に再現。
キャンバスもフェルメールが生きていた時代に描かれた別人の絵画を、丁寧に剥ぎ取ってからそこに描くという念の入れようでただ美術界に復讐するためだけに、フェルメールの絵画を作り上げた。

フェルメール作品は、作風が変わる間際数年間の作品が現存しておらず、「そのころに描かれたものがどこかにあるのではないか」という見方が強かった。
それを逆手にとったメーへレンは、うまく作風が変わる前と後の作品をミックスして、移行期の作品としての「贋作の新作」を描き上げていた。

この作品にかける並々ならぬ思いは、フェルメール作品を愛していたアート界の重鎮の願望を見事にすくいとったのだ。
この時期の作品があれば自分は世紀の大発見をしたことになる、という欲。フェルメール作品を研究し続けてきた自信。それが真贋を判定する目を狂わせた。

高値がつけられ復讐を遂げたメーへレンの手はその後止まることはなく、酒と薬物、そして女にも溺れながら、さらなる転落への道を辿ることになる。

フェルメールの贋作作品を次々と、ある富豪の持ち物だとして売り捌き、それはヒトラーに対抗心を燃やすナチス高官をも騙すことになった。
 
結局メーへレンは自白により、贋作作家であり、過去に本物と偽って大金を騙し取ったことが露呈されてしまうのだけれど、それは仕方のない事情からだった。

ナチスドイツが崩壊した際に、母国の宝であるフェルメール作品を敵国ナチス高官に売ったことが露呈したメーへレンは裏切り者としてバッシングを受けたのだ。
仕方なく「あれは贋作だ」と告白するメーへレン。真偽を求められたために法廷で実際に描いてみせたほど、彼の作品は精巧にフェルメールの画風を再現したものだった。


腕もあり、才能もあったメーへレン。けれどその生涯は嘘と葛藤に満ちたものだった。
大金を手に入れ、裕福な生活を送ってもなお、埋められない空白を酒と薬と女で必死で埋めようとしていた画家。

彼の作品も実際写されていたけれど、 正直フェルメールと言われてもあまりピンとこなかった。
巧みではあるけれど、魅力は感じなかったし、逆になぜこれを「本物だ」と断定してしまったのかわからなかった。

ただ、いかにもフェルメールのタッチで、これまで作品がないとされていた時代の貴重な発見かもしれない、という大きな期待感はプロの判断を鈍らせたのだ。

先述のイライ・サカイ も優秀なお抱えの贋作画家がいたとされる。
本物っぽいルートと作品、そして誰かのお墨付きがあれば疑う余地はない。
「それらしい」「そうであって欲しい」この思い込みが人の目を曇らせる。

今では相当厳しいチェックがあってオークションに出されるゆえ、いくらメーへレンのように技巧の限りを尽くして仕上げたとしても見抜かれる可能性は高いと思うけれど、まだ投資目的のアートがここまで盛り上がっていなかった時代には、いくらでもこんな事件は転がっているものだと思う。

メーへレンの贋作は、今でも美術館で「メーへレン」の作品として展示されていると言う。

体をボロボロにし、50代でこの世を去ったメーヘレン。
画家として輝かしい未来を想像していただろう彼の時代に翻弄された人生は、少し時代がずれていたらまた違っていただろうと皮肉な思いがした。

現代のアート界は高騰し続ける著名作家の作品の価格が、時に批判の対象になったり、画家本人の意向に沿ったものでないなどの問題を抱えている。ただ、紙幣の価値の変動、国の崩壊など先行きの見えない中で、ますますアートへの投資は加熱していくものだと思う。
また資金浄化や虚栄心を満たす手段としても、絵画は画家本人の思いとは別のところでますますその価値を高めている。
本来アートが持つ意味が揺らぐ、皮肉な現状にメーへレンのような熱い復讐心が一石を投じることが、今後もあるのだろうか。


このダークサイドミステリーは次は魔女狩りを取り上げるとのこと。これもまた人々の心理を巧みに利用した事件であると思う。興味深い。

ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」

前回の映画鑑賞では、今ひとつ乙女度が上がらなかったので、立て続けにラブストーリーを。

「フォルトゥナの瞳」。神木隆之介くんと有村架純ちゃんが主演です。
 

原作は百田尚樹さんなんですね。彼の作品は「モンスター」ぐらいしか読んだことないので、こんなラブストーリーも書かれるとは意外でした。


飛行機事故に遭い、家族を失いながらも生き残った木山(神木隆之介)。彼には死に近づいた人が透けて見えると言う特殊能力が備わっていた。
事故以来孤独に生きてきた木山は、携帯ショップで一目惚れした葵(有村架純)の手が透けているのに気づき、助けたい一心で声をかける。
後日、木山の誘いがなければ死んでいたかもしれないと葵がお礼を言い来る。そこから2人は急接近し恋人同士になるのだが、木山には異変が生じ始めていた。

スクリーンショット 2020-04-02 15.37.49

うん、これぞラブストーリー。これが本物の恋愛物語。やっぱり役どころとキャラクターがマッチするって大事なんだなぁとひしひしと感じてしまう。

普通の人がやるとあざとくなるぶりっこ顔が(ほっぺた膨らませて怒るとか)信じられないくらい魅力的に映る有村架純ちゃん。
そして確かな演技力でスマートな神木くん、立ってるだけで孤独で悩みを抱えた青年になってしまうその力量。

最初、飛行機事故の生き残り、そこからの特殊能力。
これはもうSPEC?!一十一(ニノマエジュウイチ?)時を止められるの?とSPECファン悶絶の設定で狂喜乱舞いたしましたが、いやいやそう言うことではなかった(当たり前)。
※SPEC公式HPより
スクリーンショット 2020-04-02 15.30.28


フォルトゥナとは、運命の女神。その瞳を持ったものは人の運命がわかる。

木山は見ないようにしていた能力が、葵と出会うことで開花してしまう。
そこからは苦悩の連続で、全ての人を助けられるわけではないのに、死を知りながら見ないフリをすることに罪悪感を感じ始める。

飛行機事故からずっと思い続けていた「なぜ自分だけが助かったのか」と言う想い。

葵と愛し合い、大切に思うからこそ捨てざるを得ない想いと、本能的に自分の存在意義を見つけようとする葛藤の中、木山は苦しみもがきます。

愛する人、愛している自分、どちらも思いが大きいからこそ悩む。

「さぁ泣いてください」と言うあざとい演出が、痛々しいくらいにシラけたり、逆に思う壺でわんわん泣けたりするけれど、この差は役者さんの力量と言うことも大きな要因であろうとひしひし感じてしまった本作でした。
今回は泣きました、悲しかった。本当に。そして美しかったなぁ、有村架純ちゃん。

この映画の番宣で、神木くんがラブストーリーが恥ずかしかったようなことを言っていたけれど、若者2人の愛し愛される姿が刹那的ですごくよかった。

スクリーンショット 2020-04-02 15.37.30


確かにSPECの一十一や、桐島部活やめるってよ、刑事ゆらぎ、などこれまでの神木くんは子役から大人にうまく転身したとしても王道のラブストーリーってなかったかもしれませんね(三月のライオンも良かったな)
「君の名は。」のイケボ声優もハマっていたし、ここまで鮮やかに子供から大人にシフトできる例ってあまりないんじゃないのかな。

不器用でちょっと暗いところのある木山だけれど、優しくて一生懸命なところが好感の持てる魅力的なキャラクターに仕上がっていました。

それにしてもDAIGO!嫌味な金持ちのボンボン役がかなりハマってた!!あの人ってちゃんとキャラクターによって表情を変えられる器用な人なんですね。役者に向いてる!

「九月の恋に出会うまで」ではタイムリープの弊害として助けた本人を最初からいなくなったものとして消し去ると言うことが挙げられていたけれど、今回は運命を変えたものがその代償を負うことになる、と言うことでそれが結果的に「愛するものか、愛している自分か」の選択を迫られる原因となります。

どちらにせよ、結局人の運命とは決まったものなのか。
選択の連続で選び取った結果が未来だとするならば、いく筋ものシナリオがあってもいいのではないのか。特殊な状況でのラブストーリー二本を見て、運命とは何なのかを改めて考えることになりました。

運命はふわふわした状態で存在しているもの、そして別の選択をした世界、パラレルワールドも並行して存在する、私はそんなふうに考えています。
日々進化し、変化していく世の中が、それぞれ決まったシナリオに沿っているとは考えづらい。
もしかして土台となるいく筋かの柱はあるのかもしれないけれど、今この瞬間に決めたことが考えられるどの筋に入っていくのかは本人次第。それは絶えず変化して、更新されていくもの、でありたい。


昔から神木くんを見ていて、北の国現象(「北の国から」の子役2人の成長をまるで親のように愛でる視聴者の目線)に陥っている人は鑑賞しない方がいいかも。
でもこれからもどんどんラブストーリーして欲しいなぁ。しかもまだ26歳。芸歴20年以上なのに?
やっぱりすごい! 

フォルトゥナの瞳
時任三郎
2019-08-21







フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)
百田 尚樹
新潮社
2015-11-28



 これも映像化されたと思う。女の復讐劇。

モンスター (幻冬舎文庫)
百田 尚樹
幻冬舎
2012-04-12






伝説のドラマ「SPEC」 

 
SPEC 全本編Blu-ray BOX
竜 雷太
TCエンタテインメント
2018-03-28


桐島、部活やめるってよ
山本美月
2013-11-26







この時の役柄も好きでしたけど・・・ 


刑事ゆがみ Blu-ray BOX [Blu-ray]
稲森いずみ
PONY CANNYON Inc(JDS) = DVD =
2018-03-28






この役柄もハマってたなぁ。


3月のライオン[前編]
板谷由夏
2017-09-27



3月のライオン[後編]
板谷由夏
2017-10-18


 
ギャラリー
  • デュオのロードムービー、映画「さよならくちびる」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • ラブストーリーとはこれだ!映画「フォルトゥナの瞳」
  • お別れはこんなにも寂しいのか、「コタキ兄弟と四苦八苦」最終回
  • 苦しみから解放されるために苦しむ、コタキ兄弟と四苦八苦第11話「生苦」
  • 右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」
  • 右京さんの憩いの場所も決まり一安心?!「相棒」
  • とにかく惜しい、シロクロパンダ最終回