映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

映画「後妻業の女」

映画「後妻業の女」を観ました。2016年日本。




裕福な老年の独身男性を狙い、婚活を利用して男の財産を狙う女小夜子(大竹しのぶ)。その婚活の場を提供している結婚相談所所長の柏木(豊川悦司)。
今日も1人小夜子にたぶらかされた男が死に、全財産を小夜子に相続させるという遺言書を見せつけられた娘(尾野真千子)は探偵(永瀬正敏)を雇って小夜子の裏の顔を暴こうとイキり立つ。 
金と男と女と欲。これらが絡み合い、やがて小夜子たちは追い詰められていく。
後妻業を生業にする女と男に、逃げ道はあるのか。物語の結末は・・・


老い先短い老人に夢を与えているだけだとしれっと言い放つ小夜子と、そんな小夜子の冷たい心と愛情に惚れ込んで後妻業のエースとして期待する男柏木。
正義の味方など誰もおらず、誰もが自分の欲のために騙し騙されそれでもしぶとく立ち上がってくる。
生というものの、醜く浅ましい一面を描きながらも、どこか滑稽な人々の姿は、ただの後妻業実録に終わらないこの作品の魅力でもあります。

それでも終わりを若干感動的に仕上げたのが気にはなります。やっぱり犯罪は犯罪ですし。

ただ、これからこの手の犯罪は増える一方なのかもしれない。
1人孤独に暮らす老年期の人々が、人生を終えるときのパートナーとして誰かを求めるとき、欲と金なしでは決して成立しない、複雑な人間模様が見え隠れします。

ただの他人のストーリーではないところにこの作品の怖さがぞくりと感じられるのかも。

小夜子が愛したという、不動産王の男(笑福亭鶴瓶)・・・けど、あんまりその好きさ加減が伝わってこなかったのが残念。小夜子の繊細な一面はもう少し丁寧に見たかったなぁという思いがあります。
それにしても・・・小夜子の息子(風間俊介)のダメっぷりは群を抜いておりました。小夜子の一番のアキレス腱。実は身内が一番怖いのかな(笑) 

今週スタートのドラマ! 2017.夏

深夜ドラマはいくつか始まるようですが、自分の住む地域では曜日が違ったり放送されなかったり・・・があるので、とりあえずこちらではそのあたりは厳選して紹介しまーす。

7/8(土)スタート

「ウチの夫は仕事ができない」毎週土曜22:00〜

司(錦戸亮)は、大手イベント会社に勤めるエリート。性格も収入も申し分のない夫だけれど、実は仕事ができないお荷物社員であることを知った世間知らずな妻(松岡茉優)が、妊娠をきっかけにこのままではいけない!と奮闘する。

んー・・・あんまり面白そうじゃないような気も・・・する(笑)。そもそも錦戸ファンではないし・・・
21


7/9(日)スタート

「ごめん、愛してる」毎週日曜21:00〜

自分を捨てた母親に尋常ではない感情を抱きつつ裏社会で生きている律(長瀬智也)、その母親(大竹しのぶ)は今やアイドルピアニストとして有名になった息子サトル(坂口健太郎)を溺愛するステージママとなっていた。そのサトルに片想いする凛華(吉岡里帆)と出会った律は、いつ命果てるともわからなくなった自分と母親への思いとの葛藤に悩み苦しむ。

どうやら韓国ドラマが原作のよう・・・日本に持ってきた時、その描き方やストーリー展開でうまく日本版成功となるのかどうか。

15


「警視庁いきもの係」毎週日曜 21:00〜

警視庁捜査一課の敏腕刑事(渡部篤郎)が、怪我をきっかけに動植物管理課(通称いきもの係)に異動となる。そこで出会ったのは、獣医学部卒業と言う経歴をもつ動物マニアの新米巡査(橋本環奈)だった。
そんな2人がコンビを組み、動物の生態知識を活かして事件を解決していく。

って・・・何だかすごいドラマ!ただ他に三浦翔平や浅野温子、寺島進出演と豪華な顔ぶれ。動物好きな人は必見?!

27




 

映画「オーバーフェンス」

映画「オーバーフェンス」を観ました。2016年日本。



東京から函館に戻り、職業訓練校に通うバツイチの白岩(オダギリジョー)。何の目的も目標も持てずに、日々を漫然と過ごしていたところに、学校の同期である代島(松田翔太)から誘われたスナックで不思議な女(蒼井優)と出逢う。
互いに惹かれ合いながらも傷つけ合う2人、白岩は心の中にあるわだかまりと向き合い、前に進むことができるのか。


職業訓練学校に通う男たちは、大工の訓練を受けながらも何となく過去に引きずられ、どうしようか、何になれるのかと迷いうろついている面々。
年齢も生い立ちも違う男たちが、ダラダラと何ともない会話を日々交わす様子がすごくナチュラルで、学校と社会の狭間にいる中途半端な立ち位置がよくわかります。
白岩はその左薬指のリングを戒めとして、折り合いがつかない自分に苦しんでいる。
そんな白岩と出会った女は、自由奔放で頭空っぽな装いをしているのだけれど、壊れている自分を持て余している。2人が一線を越えた時、どうしても立ちはだかるものが出てきたことで、白岩はようやく自分と向き合う決意を固めるのだったが。

最後は爽快なシーンで終わるのだけれど、決して楽ではない未来をかすかに祈りたくなるお話でした。壊れている人よりも、人を壊す方が何倍も怖い。確かにそうだなと思えます。

中でも最年長でどこか飄々とした訓練校の同期の男勝間を演じた鈴木常吉さんがいい味出してました。注目です。

オーバー・フェンス
オダギリジョー
2017-05-24


この映画も佐藤さんの原作だったんですね・・・




そこのみにて光輝く (河出文庫)
佐藤 泰志
河出書房新社
2011-04-05




 
ギャラリー
  • 映画「ほとりの朔子」
  • 映画「森山中教習所」
  • 映画「葛城事件」
  • 映画「スキャナー 記憶のカケラを読む男」
  • 今週スタートのドラマ!! 2017・夏
  • 今週スタートのドラマ!! 2017・夏
  • 今週スタートのドラマ!! 2017・夏
  • 今週スタートのドラマ! 2017・夏
  • 今週スタートのドラマ! 2017・夏