映画好き!ドラマ大好き!とにかく観なきゃ始まらない!

映画好き!ドラマ大好き!!LULUが、興行収入・視聴率に関係なく映画・ドラマを好き勝手にレビューします。愛溢れるエッセイをどうぞお楽しみください!

映画「さよなら歌舞伎町」

映画「さよなら歌舞伎町」を観ました。2015年日本。

一流ホテル勤務のはずだったと自分を押し殺して働くラブホ店長(染谷将太)と、プロデビューを夢見て音楽プロデューサーと関係をもつその恋人の沙耶(前田敦子)。韓国から夢を叶えるために日本にやってきて、それぞれ秘密を持ちながら暮らしているヘナとチョンス。夫を殺してくれた男(松重豊)と駆け落ち同然で逃げている女(南果歩)、時効の15年は目前に迫っている。
訳ありの男と女、それぞれの想いを抱えながら、新宿歌舞伎町のラブホ「アトラス」に集い、そして散っていく。
そんなラブホの一日を描いた作品。


 

表示される時間とともに、観ているこちらも一日をともに過ごしているような気分になる作品でした。
本当はこうじゃなかったのに、と道がそれたポイントに戻ることもできず、そもそも戻りたいという気持ちがあるのかもわからずに、日々を過ごしている男と女。
ただ一生懸命だったはずで、誰からも責められることなんてないのに、でも少しも迷いがないかと言えば嘘になる、そんな普通の、当たり前の人たちを追った本作。

特に劇的なことでもなく、でも退屈ではない、誰にでも当たり前にある一日という時間をそれでも進むしかできない気持ちとともに一緒に駆け抜けた、そんな達成感のある作品でした。

特に、時効を控え、息を潜めて愛しい男を守ろうと必死で生き抜く女、南果歩が圧巻。
最後に彼女が観た景色は、どんなものだっただろうかとそんな想いにとらわれました。

どんな場所でも、どんな暮らしでも、強い気持ちで乗り切ろうとする、「人」としてのしなやかさ、たくましさをじっくりと感じさせられました。

抜け出すことというのは、思った以上にしぶとくて手強い。そこに向かう覚悟ができたとき、人は別の場所にいくことができるのだと、そんな風に思う。


 

映画「クリーピー 偽りの隣人」

映画「クリーピー 偽りの隣人」を観ました。2016年日本。

犯罪心理学を教える高倉(西島秀俊)は、ある失態が元で辞職した元刑事。
犯罪心理の資料集めとして、とある一家失踪事件に興味を持つ高倉だが、元後輩の野上によりその事件では1人だけ生き残った少女がおり、それとなく調べることを依頼される。
高倉が事件を追ううち、言動におかしなところのある隣人西野(香川照之)との奇妙な類似点が気になりだす。

 

隣人西野は、決して悪い印象を与えるわけではないのだけれど、言動が微妙に常人ではない何かを感じさせる男。
高倉の妻は気味の悪さを感じながらも何となく気になってしまい、徐々に西野の手に落ちていく。

何がと言われたらうまく説明できないのだけれど、薄気味悪い空気感を纏う男と、犯罪心理という特殊な分野に身を置きながらも、過去の失敗や豊富な知識に溺れ正常な判断を失う男。
冷静に考えて、どちらが狂っているのか、どちらが正義なのか、混乱してしまうほどに様々な角度からの視点で見られる映画です。犯罪を犯していないというだけで、事件をまるで興味の対象のように扱い一喜一憂する高倉は、果たしてこちら側の人間なのだろうか。

とにかく香川照之の演技が圧巻。常人と狂気との間をゆらゆらと行ったり来たりする得体の知れない男を実にうまいさじ加減で演じています。
西島秀俊、竹内結子という実力派に並んで、ちょっと東出くんのところで緊張感が途切れるなぁと残念さは残ります。もう少しリアリティのある展開ならばもっと良かったかも・・・隣家の異様さがあまりにも際立っていて、うまく現実と折り合わなかったようなところもありました。

ただ、誰もが自分が基準であり、他人の目から物事を見ることは絶対にないのだということはひしひしと感じさせられます。その自分の基準をも取り上げられてしまったら、人はどうやって生きていけばいいのか。

壊れかけたものが本当に元に戻ったのか、もどかしいほどにわからない呆気ない幕切れでした。
こういう話というのは、嫌な後味になりがちではありますが、それよりも物語の先が気になるというストーリー展開です。
原作と果たしてどの程度リンクしているのか・・・今度ぜひ小説も読んでみたいです。




クリーピー (光文社文庫)
前川 裕
光文社
2014-03-12


 

映画「世界から猫が消えたなら」

映画「世界から猫が消えたなら」を観ました。2016年日本。

僕(佐藤健)はごく普通の郵便配達員。ただ、ある日突然余命宣告され、現れたもう1人のボクから「この世から何かを失くす代わりに、寿命を一日あげる」と言われる。
電話、映画、時計、猫。
次々にボクから出される「失くすもの候補」は、今の僕を形成するとても大事な人たちに繋がっているものばかりだった。


 


命より大事なものなど、この世の中にあるだろうか。
そして、自分がいなくなった後の世の中は、社会は、周囲は一体何か変わるのだろうか。

誰しも考えたことがあり、誰しも答えをはっきり出せないテーマにすごくシンプルに、そして深く向き合った結果、こういうストーリーになったのだなぁとエンドロールが流れる中しんみりと思いました。

電話や映画など、一見無くては寂しいし、困るような気がするけれど、命と引き換えと言われたら迷うほどでもないようなものが、大切な人とを結ぶ重要な役割を担っていたり、失くなった後の世界が味気ないものに変わってしまったりする。そのうちに僕は気づくのです。

それは人も同じ、なのだと。

「自分なんていなくても」と思うような人生であったとしても、そんな風に思わせる世の中や家族であったとしても、まるきり無かったとしたら誰かの何かが変わってしまうかもしれない。つまらないと思うことでも、誰かの何かになっているのかもしれない。
自分を大切にしろ、と言われてピンとこなかったとしても、この作品によってその意味が胸にストンと落ちてくるかもしれない。そんな予感に満ちた映画でもありました。
少しドラマティックすぎる展開かなと思うようなところもありますが、優しい歌声のテーマソングが最後に全てを包んでくれるようなそんな包容力に満ちています。


映画好きの僕に、オススメの作品を貸してくれるようになって親友となったツタヤ(濱田岳)が持ってきた作品の中に、これがあった!!!
まだ観たことないのだけれど、これ気になってた作品だったんだ!!!思い出したー。

 
太陽を盗んだ男 [DVD]
沢田研二
ショウゲート
2006-06-23





他にも「ブエノスアイレス」なんかも紹介されていて、懐かしい映画だなぁと思い返したり。




小説も気になる・・・




連休中に映画を2本は観たいと思っていたけれど、結局この1本になりました。
誰かの何かでありたい、そんな風に思いながらもなかなか実感できない毎日ではあるけれど、もしかしてその方が楽だから実感することから逃げているのかもしれない。

大切なもの、捨てられないもの、そういうものを常に認識することはちょっと息苦しいけれど、覚悟すればきっと大丈夫。
果たして今の自分の手の中には、いくつあるんだろうか。
 
ギャラリー
  • 映画「さよなら歌舞伎町」
  • 映画「クリーピー 偽りの隣人」
  • 映画「世界から猫が消えたなら」
  • ドラマ着けの海へ
  • ドラマ着けの海へ
  • ドラマ着けの海へ
  • ドラマ着けの海へ
  • ドラマ着けの海へ
  • 映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」